前田健太、金子千尋とのエース対決に敗れる!エースの条件とは?

2014年5月23日交流戦の広島東洋カープ対オリックスバッファローズの一戦は両チームのエース前田健太と金子千尋が先発。

両リーグを代表するエースの登板とあって、注目を集めた一戦であったが1-3で前田健太が敗れた。

 

エースの条件とは?

エースとは何だろうと思い考えてみた。

・ローテーションを守る(年間200イニング登板)
・貯金を作る(年間+8)

考えてみた結果、残ったのは上の二つだけ。

ただし、これを3年以上続けた投手がエースだと思う。

ちなみに沢村賞の基準は、

・15勝
・150奪三振
・10完投
・防御率2.50
・200投球回
・25登板
・勝率6割

私の考えるエースとは200投球回だけが一致する。

2010年に沢村賞を受賞した前田健太、2013年に沢村賞の基準を全て満たした(田中将大に持っていかれた!?)金子千尋だが、私の考えるエースの基準には達していなかった。

「3年続けて」が難しい。

前田健太は3年続けて200イニング登板を達成したことがあるが、貯金を8つ稼いだシーズンは昨年2013年が初めて。

金子千尋は200イニングに達したシーズンが2回しかない。

多くの評論家が3年成績を残して一流と言うが、超一流と言っても過言ではない。

 

最終的には信頼度があるかどうか!

私が決めた基準の数字を並べれば、前田健太も金子千尋も後一歩の結果になってしまったが、2人とも間違いなくエース。

最終的には数字云々ではなくチーム、そしてファンからの信頼だと思う。

 

絶対エース育成論 ~なぜ田中将大は24連勝できたのか?
Amazonで購入
楽天市場で購入
7netで購入
Yahooショッピングで購入

 

「この投手の時には落とせない!!」

「この投手で負けたら仕方ない!!」

逆の意味の言葉だが、どちらもエースに贈られる言葉。

こう思わせるまでの実績、そして人間性がエースには求められるはずだ。

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です