さぁ交流戦!目指せ優勝!!現実的には5割確保が重要な戦い。

2005年に始まったセパ交流戦。

今年で10周年を迎えますね。

初めて首位で交流戦を迎える広島東洋カープ。

優勝を目指しつつも5割を割らない事が大事。

 

負けない、連敗しない戦いを

もちろんぶっちぎり、24勝0敗で優勝してほしい。

しかし、プロ野球の世界で24勝0敗は有り得ない。
(2013年田中将大の成績と同じなので有り得ないとは言えないか・・・)

交流戦をシーズンの一部と考えて連敗しない戦いが重要だ。

交流戦は2連戦が続くのでますます連敗しないことが重要。

初戦を取ることが重要な戦いが続く。

 

交流戦、先発は4枚+α

交流戦は2連戦が続き移動日の関係もあり試合日程に余裕がある。

交流戦に関しては総試合数についての議論が重ねられているが、5~6月の絶好の野球シーズンにプロ野球の無い日が多いこと自体が問題である。

ここは改善して欲しい。

しかし、カープ投手陣にとってはこの日程はプラスに作用するはず。

通常シーズンであれば先発は中6日で6枚揃えるか、中5日で5人+α が必要であるが、交流戦は4人+αの人員で臨める。

前田健太、バリントン、大瀬良大地の3本柱に篠田純平が加わった4人が交流戦のローテーションの中心になるだろう。

そして+αに九里亜蓮、ウェスタンで好投した野村祐輔が戻ってくるかどうか?

+αの選手は交流戦が明けてからのローテーション争いにも関わるので結果を残してもらいたい。

 

日本野球機構オフィシャルソング Dream Park~野球場へゆこう~
Amazonで購入
楽天市場で購入
Yahooショッピングで購入

 

交流戦のローテーションを考えただけで期待しかない。

最低限5割とかタイトルにしながら、やはり勢いそのままに優勝してほしいと思うし、優勝が出来る戦力だ。

とは言え、実際の選手・スタッフ陣は目の前の試合を如何に勝つか、1戦1戦に集中しているだけなんでしょうね^^;

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください