日本投手のほとんどが投じるスライダー、どんな軌道を描く球種?

日本の投手で一番投げられている球種はスライダーではないだろうか?

プロ野球に限らず、高校野球や草野球も含めて最も多いと思う。

一昔前までは変化球と言えば「カーブ」であったが今では「スライダー」。

本当のカーブ(いわゆるドロップ)を投げる投手は減り続けている。

 

スライダーとは?

スライダーの基本の握りは人差し指と中指を揃えて、ボールの縫い目に沿うように握る。

そしてボールを切るように投げる。

しかし、その軌道は投手によって異なる。

横に滑るように曲がるのが基本的軌道だが、縦に鋭く落ちる軌道の投手もいる。

「縦のスライダー」と言われるが、テレビで見ているとフォークに見える投手もいる。

その他にも、小さく横に滑らせてバットの芯を少しだけ外す軌道もあるが、これは今ではカットボールと言われている。

カットボールと言われているのは10~20年位の話で、これも元々はスライダーからのスピンオフな球種であろう。

一口にスライダーと言っても、一口では説明できない軌道を持っている。

 

投手がスライダーと言えばスライダー

伊藤智仁、石井一久と球界を代表する左右のスライダーを受けてきた古田敦也。

古田敦也が、「スライダーとはどんな球種か?」と質問された時の回答は、

「投手がスライダーと言えばスライダー」

スライダーに答えはないのだろう。

同時に古田敦也が答えていたのは、

「伊藤智仁のスライダーは最高のスライダー」

伊藤智仁は肩関節の柔らかさ故に、打者の目から消えると言われたスライダーを投げられたのかもしれないが、それ故に故障に苦しみ短命に終わったのが悔やまれる。

 

マウンドに散った天才投手
Amazonで購入
楽天市場で購入
Yahooショッピングで購入
7netで購入する

 

古田敦也の話を聞いていると、投手はわがままな大黒柱、捕手は投手(主人)を支える女房だと強く感じる。

こうしたところからも古田敦也が名捕手だったことが伺える。

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください