好調カープ投手陣、キーになるのは横山竜士と今村猛では?

2014年、好スタートを切った広島東洋カープ。

好調を支えているのは投手陣で、先発陣と同等以上にリリーフ陣の頑張りが光る。

しかしここに、昨年までブルペンを支えていた横山竜士と今村猛がいない。

 

若手とベテラン、外国人の融合

チームはベテランだけでは勢いが出ないが、若手だけではイザという時の戦いに脆さが出る。

長期的に強いチームを作るには若手とベテランが融合する必要がある。
そして、足りない部分は外国人で穴埋めが出来るのが日本プロ野球。

カープ勝ち試合の7-9回を任されているのは、若い中田廉と一岡竜士、そしてベテラン永川勝浩、更には外国人助っ人キム・ミコライオ。

年代構成的にはとてもいいバランスだと思う。

しかしここに横山竜士と今村猛がいない。。。

 

夏場に必ず横山竜士と今村猛の力が必要となる!!

今村猛は1軍にいるが、現状は敗戦処理の立場だ。

アウトローに決まるストレートが気持ちの良い投手だが、好調時の投球を取り戻せていない。

横山竜士は現在二軍調整中。

相手を見下すように投げる姿を早く見たい。

昨年まではリリーフ陣の中心にいた2人、このままの状態でシーズンを過ごす訳が無い。

 

開幕からチームは好調だが、中継ぎ陣の登板過多が心配される。

今はシーズンも始まったばかりで勢いもある。

しかし、日程に余裕のある交流戦までは良いだろうが、梅雨以降、日程的にも気候的にも厳しい季節がくれば、チームは実績のある横山竜士と今村猛の力を求めるはずだ。

中田廉と一岡竜司は初めての役回りでシーズンを過ごしており、横山竜士と今村猛の経験は必要不可欠だ。

 

カープ投手王国の系譜―広島東洋カープ (B・B MOOK 1034)
Amazonで購入
楽天市場で購入
Yahoo!Shoppingで購入
7netで購入

 

考えればこの2人もベテランと若手の組み合わせ。

現在のカープのチーム作りのベースになったと言っても過言ではない。

しかし、このまま力を発揮しない訳にはいかないだろう。

待ってるぜ、横山竜士!今村猛!

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください