唯一の1軍左腕篠田純平!! サウスポーを育成はできないのか?

首位攻防3連戦、1勝2敗で負け越した。

今シーズン初の3連戦負け越しだが、先発投手は試合を作っていると思う。

好調な投手陣、好調だから気になる事を書いておこう!!

 

中継ぎ投手はオール右腕

対読売ジャイアンツ@東京ドームの先発投手の成績概略。

日にち 先発投手 投球回 自責点 結果
2014年4月8日(火) 野村祐輔 6 1 ○4-1
2014年4月9日(水) 大瀬良大地 7 3 ●1-5
2014年4月10日(木) 篠田純平 5.2/3 3 ●2-4

野村祐輔も篠田純平も、あと1イニング長くなげてもらいたいと思うが、合格点であろう。

特に3戦目に登板した篠田純平はカープの6枚目の先発、そしてサウスポー、チームが抱える2つの課題を解決してくれている。

2試合続けて結果を残しているので、今後も先発ローテーションとして回っていくだろう。

しかし、チーム事情を見れば先発6枚目よりもサウスポー不足の方が深刻だ。

現在1軍に登録されているサウスポーは篠田純平ただ一人。

中継ぎ陣はオール右投手で、篠田純平がベンチ入りしなければサウスポーが誰もいないのである。

これは極めて珍しい話だ。

 

ただし、サウスポーだからと言って対左用にベンチに入れておいても、力がなく打ちとれないのであれば、相手打線に左打者が並ぶとしても右投手を投入するしかない。

 

サウスポーが育たない、育てられないのは何故?

今シーズンのカープ投手陣はすこぶる評価が高く、結果も残してる。

先発だけでなくリリーフ陣も充実しており、投手が試合をぶち壊すことは少ない。

これだけ若くて良い投手が育っているのに何故サウスポーは育たないのだろう?

資質の問題か?コーチングの問題か?

篠田純平がテークバックを小さくしたフォームで覚醒しつつあることを考えると、そうしたアドバイスを送れる体制はあると思う。

あとは選手がやるかどうかの問題なのだろう。

 

カープ“投手王国”再建へ (宝島社新書)
Amazonで購入
楽天市場で購入
Yahoo!Shoppingで購入
7netで購入

 

ドラフト戦略にしてもサウスポーを強化していかなければ、長期的に強いチームは作れないはずだ。

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください