金本知憲とイチロー、4月9日は試合出場記録の記念日となるか?

ニューヨークヤンキースの鈴木一朗が日米通算で3017試合出場。

野村克也の持つ日本記録に並んだ。

あまり注目されていない感じがするが、試合に出るにはケガに強いのが前提で、試合に出れる実力を長期間に亘って維持する必要があり、とても偉大な記録である。

 

イチローより谷繁元信の記録が注目される日本

今年から中日ドラゴンズの選手兼任監督となった谷繁元信。

選手としては2年契約で監督としては4年契約。

2013年までで2900試合出場であり、野村克也の3017試合出場記録を抜くには2年あれば大丈夫との計算だろう。

兼任監督でもあり、谷繁元信の試合出場記録はとても注目されている。

日米通算のイチローの記録より、谷繁元信の試合出場記録の方がクローズアップされているのだ。

日本だけの記録で考えるか?日米通算で考えるか?議論の分かれるところだろう。

 

4月9日は試合出場記録デー?

2014年4月8日(米国時間)にイチローが3017試合出場を記録した。

日米通算で野村克也の記録を抜くのは翌4月9日になるだろうか?

先発は田中将大であり舞台は整った感じである。

 

4月9日と言えば、2006年に金本知憲がカル・リプケンの持つ「連続試合フルイニング出場」903試合を塗り替えた日である。

金本知憲と鈴木イチロー、何の縁もゆかりもなく単なる偶然だろうが、イチローも決めるなら今日サクッと決めて欲しいと思う。

 

超一流の勝負力 マー君とイチローが実践した「自分を超える」思考法 (SB新書)
Amazonで購入
楽天市場で購入
Yahooショッピングで購入
7netで購入

 

試合出場記録と言えば衣笠祥雄。

最近は連続試合出場が取り上げられることも少なくなったが、こうした記録が達成した日くらいは、カープファンとして衣笠祥雄の記録を思い出してほしい。

今のカープの左右病では連続出場できる選手は少ない(>_<)

可能性があるとしたら菊丸コンビくらいだろうか?

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.