日本人メジャーリーガーのシーズンホームラン数ランキング!二桁本塁打達成人数や松井秀喜・大谷翔平以外の20本以上記録者の調査!

日本人のホームランバッターは通用し辛いと言われるアメリカ・メジャーリーグ。

そんなメジャーリーグで二桁本塁打を放った事がある選手が何人いるのかを調べてまとめてみた。

日本人メジャーリーガー、シーズン本塁打数ランキング!

日本人メジャーリーガーのシーズン本塁打数についてまとめた結果は以下の通り。

二桁本塁打を放った事があるのは計8人で延べ22回となっている。

* 日本時間2021年9月11日現在

順位 本数 名前 所属
参考 73 バリー
ボンズ
サンフランシスコ
ジャイアンツ
2001
1位 44 大谷翔平 ロサンゼルス
エンジェルス
2021
2位 31 松井秀喜 ニューヨーク
ヤンキース
2004
3位 28 松井秀喜 ニューヨーク
ヤンキース
2009
4位 25 松井秀喜 ニューヨーク
ヤンキース
2007
5位 23 松井秀喜 ニューヨーク
ヤンキース
2005
6位 22 大谷翔平 ロサンゼルス
エンゼルス
2018
7位 21 松井秀喜 ロサンゼルス
エンゼルス
2010
8位 18 井口資仁 シカゴ
ホワイトソックス
2006
城島健司 シアトル
マリナーズ
2006
大谷翔平 ロサンゼルス
エンゼルス
2019
11位 16 松井秀喜 ニューヨーク
ヤンキース
2003
12位 15 イチロー シアトル
マリナーズ
2005
井口資仁 シカゴ
ホワイトソックス
2005
14位 14 城島健司 シアトル
マリナーズ
2007
15位 13 イチロー シアトル
マリナーズ
2003
福留孝介 シカゴ
カブス
2010
17位 12 松井秀喜 オークランド
アスレチックス
2011
18位 11 イチロー シアトル
マリナーズ
2009
福留孝介 シカゴ
カブス
2009
20位 10 新庄剛志 ニューヨーク
メッツ
2001
福留孝介 シカゴ
カブス
2008
青木宣親 ミルウォーキー
ブルワーズ
2012

*バリーボンズの73本がメジャーリーグのシーズン最多本塁打。

20本塁打以上となると松井秀喜と大谷翔平以外には達成者がいなかった。

所属球団は松井秀喜がニューヨーク・ヤンキースとロサンゼルス・エンゼルス在籍時、大谷翔平のロサンゼルス・エンジェルス在籍時だけとなるので、2球団のみ。

トップ10では、井口資仁(シカゴ・ホワイトソックス)と城島健司(シアトル・マリナーズ)の2人も18本でランキングされる。

 

2021年の大谷翔平は、2004年の松井秀喜の31本を超えて日本人メジャーリーガーの最多記録を更新するだろうか?

⇒ 日本時間の7月8日に32本塁打目を記録し、日本人メジャーリーガーのシーズン最多本塁打数を更新!

40本、50本と日本人メジャーリーガーの記録を遥かに超えていき、日本人初、アジア人初の本塁打王獲得にも期待がかかる!

 

関連記事:
    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください