カープ開幕戦のトップバッター一覧まとめ!一番打者を務めた外国人選手は何人?

広島東洋カープの歴代開幕戦のトップバッターについてまとめてみた。

外国人選手も何人か務めている。

カープ開幕戦で一番打者を務めた外国人選手は過去2人!

早速だが一覧にしてまとめてみたい。

ポジション 名前 打席
1950 サード 田中成豪
1951 ショート 白石勝巳
1952 ショート 白石勝巳
1953 セカンド 金山次郎
1954 レフト 銭村健四
1955 レフト 銭村健四
1956 セカンド 金山次郎
1957 ライト 平山智
1958 サード 平山智
1959 センター 平山智
1960 ライト 平山智
1961 センター 横溝桂
1962 ショート 古葉竹識
1963 ファースト 横溝桂
1964 ショート 古葉竹識
1965 セカンド 古葉竹識
1966 セカンド 古葉竹識
1967 レフト 大和田明
1968 センター 苑田聡彦
1969 セカンド 苑田聡彦
1970 ショート 三村敏之
1971 サード 三村敏之
1972 レフト 水谷実雄
1973 センター 上垣内誠
1974 サード 上垣内誠
1975 セカンド 大下剛史
1976 セカンド 大下剛史
1977 サード 衣笠祥雄
1978 ショート 高橋慶彦 左右
1979 ショート 高橋慶彦 左右
1980 ショート 高橋慶彦 左右
1981 ショート 木下富雄
1982 ショート 高橋慶彦 左右
1983 ショート 高橋慶彦 左右
1984 センター 長嶋清幸
1985 ショート 高橋慶彦 左右
1986 ショート 高橋慶彦 左右
1987 ライト 山崎隆造 左右
1988 ライト 山崎隆造 左右
1989 ショート 高橋慶彦 左右
1990 ショート 野村謙二郎
1991 センター 前田智徳
1992 セカンド 正田耕三 左右
1993 ショート 野村謙二郎
1994 セカンド 正田耕三 左右
1995 ショート 野村謙二郎
1996 ショート 野村謙二郎
1997 ショート 野村謙二郎
1998 ライト 前田智徳
1999 センター 緒方孝市
2000 サード 野村謙二郎
2001 セカンド 木村拓也 左右
2002 サード 野村謙二郎
2003 セカンド 福地寿樹 左右
2004 センター 木村拓也 左右
2005 センター 尾形佳紀
2006 センター 緒方孝市
2007 ショート 梵英心
2008 センター 天谷宗一郎
2009 センター 赤松真人
2010 セカンド 東出輝裕
2011 ショート 梵英心
2012 セカンド 東出輝裕
2013 セカンド 菊池涼介
2014 センター 丸佳浩
2015 ライト 鈴木誠也
2016 ショート 田中広輔
2017 ショート 田中広輔
2018 ショート 田中広輔
2019 ショート 田中広輔
2020 レフト ホセ・ピレラ

球団創設から右打者が開幕のトップバッターを務める事が多かったが、途中からスイッチヒッターが多くなり、徐々に左右がミックスされていった印象だ。

カープで開幕戦のトップバッターを務めた最多は高橋慶彦の8回で、次いで野村謙二郎の7回となっている。

連続年では平山智と田中広輔の4年連続が最多。

平山智はハワイ出身のアメリカ国籍で「フィーバー平山」という愛称で親しまれていたようだが、同じくハワイ出身の銭村健四と共にカープでトップバッターを務めた外国人となっている。

(2020年、ホセ・マニュエル・ピレラに開幕1番構想があり、カープ初の外国人開幕トップバッターと報道されたいたが、厳密には異なる。)

私が開幕トップバッターで思い出すのは、1991年の前田智徳。

2年目の若武者がプロ入り初ホームランを開幕先頭打者で放ち、とても興奮した事を覚えている。

その年に優勝し、多くのプロ野球選手が天才と認める打者となった事もあってか、とても記憶に残っている。

 

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください