カープで首位打者を獲得した事がある選手一覧!これまで6人で計7回!

2019年、鈴木誠也が初タイトルとなる首位打者と最高出塁率を獲得した。

カープでこれまで首位打者を獲得した事がある選手が何人いるのかを調べてみた。

広島東洋カープで首位打者を獲得した事がある選手は鈴木誠也で6人目で計7回!

カープで首位打者を獲得した事がある選手は以下のようになっている。

獲得年 打率 名前
1962 .307 森永勝治
1975 .319 山本浩二
1978 .348 水谷実雄
1987 .333 正田耕三
1988 .340 正田耕三
2004 .337 嶋重宣
2019 .335 鈴木誠也

カープで初めて首位打者を獲得した森永勝治は2リーグ制以降の首位打者の記録として最も低い打率となっている。

セントラルリーグで3割をキープしたのは森永勝治の一人だけであった。

この年のパシフィックリーグの首位打者は近鉄バファローズのブルームで.374で3割に到達した選手は11人いた。

セントラルリーグとパシフィックリーグで対照的な打撃成績となっている。

森永勝治(もりながかつはる)はカープに入団した1958年から首位打者を獲得した1962年までの登録名で、それ以降は本名の森永勝也(もりなが かつや)で登録されている。

首位打者を獲得した後に登録名を変えるには理由があったのだろうか?

3割を記録したのは、首位打者を獲得した1962年のみとなっている。

 

広島東洋カープはプロ野球が2リーグ制となった1950年に設立されている。

当時は8球団あったが翌1951年に7球団となり、1953年からは6球団になっている。

鈴木誠也が首位打者を獲得したのは2004年の嶋重宣依頼15年振りだが、球団数からいけば6年に一度の割合でタイトルを獲得してほしいなと思う。

今後も鈴木誠也が首位打者を獲得し、6年も待つ事なくカープから首位打者が出てくる事になる。

バットコントロールに自信がある西川龍馬も負けじと切磋琢磨しながら首位打者争いをしてくれる事を期待したい!

 

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください