カープ球団最年少開幕4番打者ランキング!

2018年プロ野球開幕戦、広島東洋カープは鈴木誠也が初めて開幕で4番を務めた。

23歳7か月という若さである。

カープ球団史上最も若くして開幕4番を務めたのは前田智徳!

鈴木誠也は2017年8月に右足くるぶしを骨折して以降の公式戦となった2018年開幕戦。

松山竜平らと開幕4番を争っていたが、監督緒方孝市は若い鈴木誠也に4番を託した。

将来も見据えての采配なのかもしれない。

23歳7か月で4番に座った鈴木誠也、過去に24歳未満で開幕4番に座った選手は何人いるのだろうか?

ランキングにしてまとめてみた。

順位 名前 年齢
1位 前田智徳 22歳9ヶ月
2位 藤井弘 23歳6ヶ月
3位 鈴木誠也 23歳7か月

24歳未満でカープで開幕4番を務めたのはこの3人しかいない。

次ぐのは衣笠祥雄の24歳2ヶ月。

最年少で開幕4番を務めたのは天才前田智徳。

アキレス腱断裂よりも前の時代だが、怪我をして以降は4番に座る事を嫌がっていたので、前田智徳=4番のイメージがなかなか浮かばない。

そんな前田智徳が、カープ球団の最年少開幕4番打者というのは何だが意外である。

 

24歳未満という事は、年齢的には大学を卒業して2年目以内。

企業で考えてみれば、その年齢で組織の中心にいる事は先ず考えられない。

ミスターカープ山本浩二が初めて開幕4番を務めたのは、初優勝翌年の1976年で29歳5ヶ月の時。

大学卒の選手という事もあるが、プロ入り8年目と思った以上に遅かった。

それだけ、24歳に満たない年齢で開幕4番を張るという事は偉業なのである。

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください