3年連続以上で100得点以上した選手一覧のまとめ!過去に計6人した達成していない偉大な記録!

プロ野球における得点は、ホームベースを踏む事。

シーズン100打点と同等の価値がある記録と言える。

トップバッターやホームラン打者が得点数が多くなるが、シーズン100得点以上を3年連続で記録した選手は過去にたったの6人しかいない。

プロ野球シーズン100得点以上を3年連続以上で記録した選手一覧!

3年連続でシーズン100得点以上を記録した選手についてまとめてみた。

年数 名前
(球団)
得点 シーズン
試合数
出場
試合数
5年
連続
松井秀喜
(読売
ジャイアンツ)
1998 103 135 135
1999 100 135 135
2000 116 135 135
2001 107 140 140
2002 112 140 140
4年
連続
王貞治
(読売
ジャイアンツ)
1963 111 140 140
1964 110 140 140
1965 104 140 135
1966 111 134 129
3年
連続
王貞治
(読売
ジャイアンツ)
1972 104 130 130
1973 111 130 130
1974 105 130 130
福本豊
(阪急
ブレーブス)
1978 107 130 130
1979 101 130 128
1980 112 130 128
イチロー
(オリックス
ブルーウェーブ)
1994 111 130 130
1995 104 130 130
1996 104 130 130
青木宣親
(東京ヤクルト
スワローズ)
2005 100 146 144
2006 112 146 146
2007 114 144 143
山田哲人
(東京ヤクルト
スワローズ)
2014 106 144 143
2015 119 143 143
2016 102 143 133

イチローはメジャーリーグに移籍した2001年から2008年まで8年連続でシーズン100得点以上を記録している。

 

得点は減る数字ではないので、試合に出た方が数字が上がる。

2016-2017年と2年連続でフルイニング出場したカープの田中広輔は2年連続で100得点以上を記録している。

(2016年102得点、2017年105得点。)

2018年シーズンもフルイニング出場を果たし、3年連続で100得点以上、そして3連覇に貢献してもらいたい。

 

3年連続以上で100得点以上を記録しているのは、読売ジャンアンツ、阪急ブレーブス-オリックスバファローズ、東京ヤクルトスワローズから各2人ずつと球団が限られている。

これは単なる偶然だろうか?

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です