カープの背番号6を付けた選手一覧まとめ!新人王を獲得した選手が2人!

2017年シーズン、初めて規定打席に到達し打率3割を記録した安部友裕。

入団時から背番号60を付けていたが、2018年シーズンから背番号6へ変更する事となった。

カープで背番号6を付けた選手一覧!小早川毅彦と梵英心の新人王コンビが付けていた!

広島東洋カープ、背番号6を付けた選手をまとめると以下のようになっている。

選手 ポジション
1950 磯田憲一 内野手
1953 金山次郎 内野手
1955-1964 川原政数 捕手
1965 佐々木有三 外野手
1966-1973 今津光男 内野手
1975-1976 ホプキンス 内野手
1977-1982 ライトル 外野手
1983 加藤英司 内野手
1984-1996 小早川毅彦 内野手
1997-2006 浅井樹 内・外野手
2007-2017 梵英心 内野手
2018~ 安部友裕 内野手

背番号6は野手の番号であり、カープでも投手が付けた事はない。

捕手である川原政数が付けていた事もあるが、それ以外は全てフィールドプレーヤー(内野手・外野手)である。

(余談だが、早稲田大学の背番号6は代々正捕手が付けている。)

 

カープではこれまで9人の選手が新人王を獲得している。

その内訳は投手7人、野手2人。

野手2人とは小早川毅彦と梵英心であり、背番号6を付けた選手である。

(梵英心はルーキーイヤーに背番号32を付けて新人王獲得。翌2007年から背番号6に変更している。)

小早川毅彦と梵英心の間に背番号6を背負った浅井樹含めて、カープの中心選手が付けてきた背番号だ。

安部友裕に新人王を獲得する権利は既になくなっているが、背番号6を背負う選手として、チームを引っ張っていく存在となっていってもらいたい。

球団もそうした思いもあって、安部友裕に背番号6を与えたのだと思う。

 

 

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です