両リーグでサイ・ヤング賞を獲得した投手一覧!過去に計6人!

メジャーリーグでその年に最も優れた投手に与えられるサイ・ヤング賞。

これまで両リーグで獲得した投手は過去に何人いるのだろうか?

ア・リーグ、ナ・リーグの両リーグでサイ・ヤング賞を獲得したことがある投手は過去に計6人!

サイ・ヤング賞は、メジャーリーグ通算勝利数・通算敗戦数・通算先発数・通算投球回など多くのメジャー記録を持っているデントン・トゥルー・ヤング(Denton True Young)の功績を称え、1956年に制定された賞である。

サイはニックネームで、サイクロン(cyclone、暴風)のようにうなりを上げるストレートを投げていたことに由来する。

当初はメジャーリーグ全体から1人が選ばれていたが、1967年からアメリカンリーグ、ナショナルリーグ両リーグから各1人が選出される形となった。

日本にも同様の賞として沢村栄治賞があるが、沢村賞は先発完投型の投手が選ばれるのに対し、サイ・ヤング賞は先発、リリーフは関係なく選べられる賞となっている。

そんなサイ・ヤング賞を両リーグで獲得した選手は過去に6人いる。

名前 ア・リーグ受賞年 ナ・リーグ受賞年
ゲイロード・ペリー 1972(インディアンズ) 1978(パドレス)
ランディ・ジョンソン 1995(マリナーズ) 1999(ダイヤモンドバックス)
2000(ダイヤモンドバックス)
2001(ダイヤモンドバックス)
2002(ダイヤモンドバックス)
ペドロ・マルティネス 1999(レッドソックス)
2000(レッドソックス)
1997(エクスポズ)
ロジャー・クレメンス 1986(レッドソックス)
1987(レッドソックス)
1991(レッドソックス)
1997(ブルージェイズ)
1998(ブルージェイズ)
2001(ヤンキース)
2004(アストロズ)
ロイ・ハラデー 2003(ブルージェイズ) 2010(フィリーズ)
マックス・シャーザー 2013(タイガーズ) 2016(ナショナルズ)
2017(ナショナルズ)

日本で沢村賞を両リーグで受賞した人は誰もいない。

移籍が活発なメジャーリーグだからこそ6人もいると考えられるかもしれないが、多くの球団、投手がいるメジャーリーグの中で両リーグでサイ・ヤング賞を受賞しているのはとても凄い事である。

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です