プロ野球ドラフト会議で複数球団から競合指名された選手ランキング!最多は8球団で野茂英雄と小池秀郎!

1965年から始まったプロ野球ドラフト会議。

その醍醐味の一つは、複数球団が同一選手を指名した結果起こる、抽選である。

これまで指名された競合球団が最も多い選手は誰になるのだろうか?

ドラフト最多指名競合選手は野茂英雄と小池秀郎の8球団!

1965年に始まったドラフト会議、制度は何度か変更されており、逆指名・自由獲得枠制度導入時にはくじ引きの醍醐味が無かった時期もあるが、2006年を最後に廃止となり、くじ引きの楽しみが再び味わえるようになった。

そんなプロ野球ドラフト会議で指名競合球団が多かった選手トップ5をまとめてみた。

順位
(球団数)
名前
(所属)
球団名
1位
(8)
野茂英雄
(新日鉄堺)
1989 阪神タイガース
ロッテオリオンズ
ヤクルトスワローズ
横浜大洋ホエールズ、
福岡ダイエーホークス
日本ハムファイターズ
オリックスブレーブス
近鉄バファローズ
小池秀郎
(亜細亜大)
1990 阪神タイガース
ヤクルトスワローズ
ロッテオリオンズ
中日ドラゴンズ
日本ハムファイターズ
広島東洋カープ
近鉄バファローズ
西武ライオンズ
3位 (7) 福留孝介
(PL学園)
1995 近鉄バファローズ
中日ドラゴンズ
日本ハムファイターズ
読売ジャイアンツ
千葉ロッテマリーンズ
オリックスブルーウェーブ
ヤクルトスワローズ
清宮幸太郎
(早稲田実)
2017 千葉ロッテマリーンズ
東京ヤクルトスワローズ
北海道日本ハムファイターズ
読売ジャイアンツ
東北楽天ゴールデンイーグルス
阪神タイガース
福岡ソフトバンクホークス
5位
(6)
岡田彰布
(早稲田大)
1979 西武ライオンズ
ヤクルトスワローズ
南海ホークス
阪神タイガース
阪急ブレーブス
近鉄バファローズ
清原和博
(PL学園)
1985 南海ホークス
日本ハムファイターズ
中日ドラゴンズ
近鉄バファローズ
西武ライオンズ
阪神タイガース
大場翔太
(東洋大)
2007 オリックスバファローズ
横浜ベイスターズ
福岡ソフトバンクホークス
阪神タイガース
北海道日本ハムファイターズ
読売ジャイアンツ
菊池雄星
(花巻東)
2009 埼玉西武ライオンズ
阪神タイガーズ
東京ヤクルトスワローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
中日ドラゴンズ
北海道日本ハムファイターズ
大石達也
(早稲田大)
2010 横浜ベイスターズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
広島東洋カープ
オリックスバファローズ
阪神タイガース
埼玉西武ライオンズ

赤字は交渉権獲得球団。

小池秀郎と福留孝介は入団拒否している。

小池秀郎は松下電器に入社後、1992年のドラフトで近鉄バファローズに1位指名されて入団(複数球団の重複はしなかった)。

福留孝介は日本生命に入社後、1998年のドラフト会議で中日ドラゴンズを逆指名してドラフト1位で入団している。

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です