3割打者リーグ最少人数ランキング!3人以下だったシーズン一覧!1人だけだった年もある!

2017年、パシフィックリーグの3割打者は埼玉西武ライオンズの秋山翔吾と福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐の2人しかいなかた。

3割打者が2人しかいなかったのはパ・リーグ史上ワーストの記録である。

3割打者がリーグで3人以下だったシーズンは過去13度!

3割打者、毎年各リーグ10人ほどがいそうであるが、3人以下だったシーズンも過去に13度もある。

そのうち4度は、3割打者がたった1人というリーグ・シーズンとなっている。

【3割打者がリーグで3人】

◆1961年:セントラルリーグ

順位 打率 名前 球団
1位 .353 長嶋茂雄 読売ジャイアンツ
2位 .316 近藤和彦 大洋ホエールズ
3位 .300 藤本勝巳 阪神タイガース

◆1966年:パシフィックリーグ

順位 打率 名前 球団
1位 .351 榎本喜八 東京オリオンズ
2位 .330 張本勲 東映フライヤーズ
3位 .312 野村克也 南海ホークス

◆1969年:セントラルリーグ

順位 打率 名前 球団
1位 .345 王貞治 読売ジャイアンツ
2位 .318 ロバーツ アトムズ
3位 .311 長嶋茂雄 読売ジャイアンツ

◆1992年:パシフィックリーグ

順位 打率 名前 球団
1位 .322 佐々木誠 福岡ダイエーホークス
2位 .305 トーベ オリックスブルーウェーブ
3位 .302 田辺徳雄 西武ライオンズ

 

【3割打者がリーグで2人】

◆1957年:セントラルリーグ

順位 打率 名前 球団
1位 .343 与那嶺要 読売ジャイアンツ
2位 .308 田宮謙次郎 阪神タイガース

◆1958年:セントラルリーグ

順位 打率 名前 球団
1位 .320 田宮謙次郎 阪神タイガース
2位 .305 長嶋茂雄 読売ジャイアンツ

◆1972年:セントラルリーグ

順位 打率 名前 球団
1位 .329 若松勉 ヤクルトアトムズ
2位 .308 三村敏之 広島東洋カープ

◆1973年:セントラルリーグ

順位 打率 名前 球団
1位 .355 王貞治 読売ジャイアンツ
2位 .313 若松勉 ヤクルトアトムズ

◆2017年:パシフィックリーグ

順位 打率 名前 球団
1位 .322 秋山翔吾 埼玉西武ライオンズ
2位 .310 柳田悠岐 福岡ソフトバンクホークス

 

【3割打者がリーグで1人】

◆1959年:セントラルリーグ

順位 打率 名前 球団
1位 .334 長嶋茂雄 読売ジャイアンツ

◆1962年:セントラルリーグ

順位 打率 名前 球団
1位 .307 森永勝治 広島カープ

◆1970年:セントラルリーグ

順位 打率 名前 球団
1位 .325 王貞治 読売ジャイアンツ

◆1971年:セントラルリーグ

順位 打率 名前 球団
1位 .320 長嶋茂雄 読売ジャイアンツ

 

3割打者が3人以下のリーグ・シーズンはほとんどが昭和の中盤の話である。

近代ではバッティングマシーンも登場し、投手よりも打撃のが優位という説もある。

その中で2017年の3割打者2人というのは、打撃陣に問題があるのか、それとも投手陣が強力なのか、どっちなのだろうか?

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です