プロ野球1イニング与死球日本記録は3!過去9人の選手一覧!

プロ野球では1試合に1つ死球(デッドボール)が見れれば多い方だ。

そんな数字の中、プロ野球の1イニング最多死球は3となっている。

この数字を持っている投手とは?

1イニング最多死球3の記録を持っている投手はサイドハンドやシュートを武器にする投手が多い!

2016年、プロ野球全体での死球の数は591であった。

12球団の平均では49.25となり、1チーム1試合平均では0.34となる。

つまりは、1試合では0.68になるので、死球は1試合平均で1つ以下。

そんな確率の中、1イニングに3死球を与えた投手がこれまで9人存在する。

投手名 日付 所属球団 対戦相手 備考
宮本幸信 1977.5.19 日本ハム
ファイターズ
近鉄
バファローズ
望月卓也 1979.5.12 ロッテ
オリオンズ
日本ハム
ファイターズ
3者連続
西本聖 1979.8.1 読売
ジャイアンツ
広島東洋
カープ
村田辰美 1981.4.8 近鉄
バファローズ
南海
ホークス
ジオ・
アルバラート
2010.9.4 広島東洋
カープ
阪神
タイガース
田島慎二 2014.7.4 中日
ドラゴンズ
読売
ジャイアンツ
3者連続
ジェイソン・
スタンリッジ
2014.7.14 福岡ソフトバンク
ホークス
千葉ロッテ
マリーンズ
塚原頌平 2015.5.8 オリックス
バファローズ
北海道日本ハム
ファイターズ
青柳晃洋 2017.6.30 阪神
タイガース
東京ヤクルト
スワローズ

 

1936年に創設されたプロ野球であるが、この記録が初めて出たのは1977年と遅めである。

その後、1981年まで4投手が記録した後は2010年のジオ・アルバラートが記録するまでパタッと止まっていた。

しかし、2010年以降、頻発している。

1イニング3死球、出やすい年代があるのだろうか?

また、記録を出している投手を見ているとシュートを得意球にしていたり、サイドハンドでシュート回転してしまう投手が多い。

これはプロとして生きる為に仕方ない事なのかもしれない。

 

1979年に西本聖が記録した死球の中には、連続試合出場中の衣笠祥雄に当てた1球も含まれる。

この死球で左の肩甲骨を骨折する重傷を負ってしまった衣笠祥雄、全治2週間と診断が下されたが、翌日の試合で代打として登場!

1122試合で連続試合出場が途切れるかと思われたが、不屈の闘志で試合に出場したのである。

豪腕江川卓の前に三球三振を喫したが、三球ともフルスイングした姿にファンは感動したという。

そして試合後のコメントもカッコいい!

「1球目はファンのために、2球目は自分のために、3球目は西本君のためにスイングしました」
「それにしても江川君の球は速かった」

そしてその翌日の試合からは2番三塁手としてフル出場して、連続試合出場を途切れさせることはなかったのである。

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください