交流戦歴代優勝(最高勝率)チームとMVPまとめ!セパの勝率はどうなってるの?

2005年から始まったセパ交流戦。

過去の優勝チーム、MVP、そしてセパの勝率はどのようになっているのだろうか?

交流戦の勝率はパ.531、セ.469!

交流戦の歴代優勝チーム、MVP、セパの勝率数をまとめてみた。

優勝 MVP
2005 千葉ロッテマリーンズ 小林宏之 105 104 7
2006 千葉ロッテマリーンズ 小林雅英 108 107 1
2007 福岡ソフトバンクホークス グリン 74 66 4
2008 北海道日本ハムファイターズ 川崎宗則 73 71 0
2009 北海道日本ハムファイターズ 杉内俊哉 67 70 7
2010 オリックスバファローズ T-岡田 81 59 4
2011 福岡ソフトバンクホークス 内川聖一 78 58 9
2012 読売ジャイアンツ 内海哲也 67 66 11
2013 福岡ソフトバンクホークス 長谷川勇也 80 60 4
2014 読売ジャイアンツ 亀井善行 71 70 3
2015 福岡ソフトバンクホークス 柳田悠岐 61 44 3
2016 福岡ソフトバンクホークス 城所龍磨 60 47 1
2017 福岡ソフトバンクホークス 柳田悠岐 56 51 1
2018 東京ヤクルトスワローズ 吉田正尚 59 48 1
1040 920 54

優勝チーム(最高勝率)をみると、福岡ソフトバンクホークスが交流戦で圧倒的な強さを持っている事がわかる。

そして、セントラルリーグで優勝経験があるのは読売ジャイアンツと東京ヤクルトスワローズのみである。

これまでの累計はパシフィックリーグが大きく勝ち越しており、勝率は.531。

勝率にすると意外と低いなと感じるのは私だけだろうか?

交流戦開始直後は五分で競っていたり、互角に戦っている年も多いのだが、大きく負け越している年が何年かあり、そうした年がセパの勝率の差になって表れていると思う。

100以上負け越しているセントラルリーグ、この借金を返すのに何年かかるのだろうか?

いや、実際に返せるのだろうか?

ホントの借金であったら利子も付いて大変だ。。。

 

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください