広島東洋カープ歴代背番号28番一覧!投手番号のイメージだが偉大な野手が付けていた!

プロ野球界全体では投手のイメージが強い背番号28。

カープではこれまでどのような選手が背負ってきたのだろうか?

衣笠祥雄や新井貴浩が付けていた背番号28!

1950年の球団創設以来、カープで背番号28を付けた選手を一覧にしてまとめてみた。

選手 ポジション
1950 橋本甚松 投手
1953 小西正夫 投手
1954-1957 高橋千年美 投手
1958 服部武夫 投手
1960-1963 中村忠男 捕手
1964 長尾辰雄 捕手
1965-1974 衣笠祥雄 内野手
1975 米山哲夫 内野手
1976-1982 萩原康弘 内野手
1983-1995 西田真二 外野手
1996-2004 瀬戸輝信 捕手
2005-2010 広池浩司 投手
2011-2014 岩見優輝 投手
2015 新井貴浩 内野手
2017~ 床田寛樹 投手

カープでは投手より野手が付けている人数が多く、期間も長い。

捕手が付けている事も多い番号だ。

平安高校から捕手として入団した衣笠祥雄も入団当初は背番号28。

1975年に背番号を3に変更して球団初優勝に貢献した、名球会入りしている2130試合連続出場の日本記録を持っている鉄人だ。

同じく名球会入りしている新井貴浩も、カープ復帰後の1年間だけ背番号28を付けている。

このように、カープの背番号28の一覧を見ると野手のイメージが強い。

 

2017年からは、サウスポー床田寛樹が背番号28を付けている。

カープ長年の課題である日本人サウスポーの穴を埋めるべく活躍をしてもらい、背番号28は投手の番号、背番号28と言えば床田寛樹と完全にイメージしてもらえるような活躍を期待したい。

それだけのポテンシャルがあるさ投手だと思うので、長く背番号28で活躍してもらいたいと思う。

最も長く背番号28を付けたのは西田真二の13年。

床田寛樹には、それよりも長く背番号28を付けてもらいたい!

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です