甲子園延長18回/15回引き分け再試合一覧!2試合目も接戦となるケースが多い!

1998年、夏の甲子園準々決勝「横浜対PL学園」は今でも語り尽されるほどの死闘となり、延長17回7-5で横浜が勝利した。

しかしこの死闘により、延長は最大18回から15回へと短縮される事になった。

甲子園の延長引分再試合は接戦になる事が多い!

春・夏の甲子園、当初は延長に際限なく試合が決するまで行うルールであったが、昭和33年(1958年)夏の選手権から延長18回まで、そして平成12年2000年の春のセンバツから延長は15回までと変更になった。

雨や戦前の日没引き分け再試合を除いて、これまで延長18回/15回で引き分け再試合になったのは12試合あるが、再試合でも接戦になっているケースがほとんどである。

延長18回引き分け再試合
1試合目 2試合目
昭和33年(1958年)
夏 準々決勝
徳島商-魚津
0-0
徳島商-魚津
3-1
昭和37年(1962年)
春 準々決勝
作新学院-八幡商
0-0
作新学院-八幡商
2-0
昭和39年(1964年)
夏1回戦(開幕戦)
掛川西-八幡東
0-0
八幡東-掛川西
2-6
昭和44年(1969年)
夏 決勝
松山商-三沢
0-0
松山商-三沢
4-2
延長15回引き分け再試合
平成15年(2003年)
春 準々決勝
花咲徳栄-東洋大姫路
2-2
花咲徳栄-東洋大姫路
5-6x
平成18年(2006年)
春 2回戦
早稲田実-関西
7-7
早稲田実-関西
4-3
平成18年(2006年)
夏 決勝
駒大苫小牧-早稲田実
1-1
駒大苫小牧-早稲田実
3-4
平成19年(2007年)
夏 2回戦
佐賀北-宇治山田商
4-4
佐賀北-宇治山田商
9-1
平成20年(2008年)
春 3回戦
平安-鹿児島工
3-3
鹿児島工-平安
1-0
平成26年春(2014年)
春 2回戦
桐生一-広島新庄
1-1
広島新庄-桐生一
0-4
平成29年春(2017年)
春 2回戦
福岡大大濠-滋賀学園
1-1
滋賀学園-福岡大大濠
3-5
平成29年春(2017年)
春 2回戦
福井工大福井-健大高崎
7-7
福井工大福井-健大高崎
10-2

延長18回引き分け再試合は全て0-0で1試合目を終えている。

延長15回引き分け再試合も含めて、これまで12回再試合を行ったケースがあるが、その内8試合が2点差以内で勝負を決している。

再試合になるくらいお互いの力が拮抗しているので、2試合目も接戦になるという事だろう。

 

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です