2017WBC2大会連続ベスト4!世界一奪還へ向けてボールはどうする?統一球問題は?

2017年のWBC、日本は準決勝でアメリカに敗れて2大会連続のベスト4!

メジャーリーガーも青木宣親だけという陣容で良く戦ったと思う。

第1回から4大会連続でベスト4に残っているのは日本だけであり、日本野球ここにあり!を見せつけてくれた。

だが、世界一奪還に向けての課題も考えなくてはならない。

WBC、そしてオリンピックでの世界一へのカギはやはりボールではないだろうか?

アメリカとの準決勝、日本打線はアメリカ投手陣を打ち崩せなかった。

150km近い手元で動く球に対応できず凡打の山を築いた。

日本打線が見慣れていない球筋だったと思う。

一方、日本投手陣は菅野智之、千賀滉大がどんどんフォーシームを投げ込みアメリカ打線を抑えていった。

縦の変化が有効だったのも、フォーシームが有効だったからだろう。

アメリカのボールは動くと言われるが、アメリカ打線は綺麗なフォーシームのボールを見慣れていない。

アメリカのボールは滑ると言うが、日本の投手でも制球力良く操れる投手もいて、フォーシームは国際大会で大きな武器になる事が分かった。

この試合を左右したのは守備力だったかもしれないが、日本が世界に勝つためにはやはりボールの国際化を推し進める必要があるはずだ。

投手にしても野手にしても、アメリカのボールで鍛錬を積む必要がある。

シーズンと国際大会でボールが異なれば投手の体への負担が大きく、野手は見慣れていないボールに対処しなくてはならない。

守備面でアメリカのグラウンドの事が色々と言われているが、球場を変更するのはハード面としてコストが大きすぎて現実的ではない。

2011年から2012年にかけてNPB(日本野球機構)が行った統一球、ボールが飛ばな過ぎて野球が面白くないと言われ2013年からはシレっと元に戻っていたが、世界で勝つ為には、やはり考えなくてはならない問題だ。

ホームランが減るのは興業面で問題かもしれない。

それを支えるのはファンかもしれない。

世界で勝つために、NPB、そしてファンが日本野球をどう考えるか、そしてどう支えるかがポイントになると思う。

 

 

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください