プロ野球各球団のシーズン最多セーブ保持者は誰でその記録はいくつ?40セーブ以上は何チーム?

投手の分業制が確立された近代野球。

安定したクローザーがいるチームが強く、優勝するチームには最後を締めるクローザーがいる。

プロ野球各球団のシーズン最多セーブ保持者が気になったので調べてみた。

カープのシーズン最多セーブは永川勝浩の38セーブ!

各球団の最多セーブ保持者とその数字は以下の通りになる。

セントラルリーグ
球団名 選手名 セーブ数
(年)
中日
ドラゴンズ
岩瀬仁紀 46
(2005)
阪神
タイガース
藤川球児 46
(2007)
横浜DeNA
ベイスターズ
佐々木主浩 45
(1998)
読売
ジャイアンツ
西村健太朗 42
(2013)
東京ヤクルト
スワローズ
バーネット 41
(2015) 
広島東洋
カープ
永川勝浩 38
(2008)
パシフィックリーグ
球団名 選手名 セーブ数(年)
福岡ソフトバンク
ホークス
サファテ 43
(2016)
オリックス
バファローズ
平野佳寿 40
(2014)
北海道日本ハム
ファイターズ
MICHEAL
増井浩俊
39(2006)
39(2015)
埼玉西武
ライオンズ
豊田清 38
(2002,2003)
千葉ロッテ
マリーンズ
小林雅英 37
(2002)
東北楽天
ゴールデンイーグルス
松井裕樹 33
(2015)

*赤字はリーグ優勝

優勝したチームにはクローザーがいると冒頭に書いたが、球団記録の年に優勝しているケースは5割もない。

また、永川勝浩、増井浩俊、小林雅英、松井裕樹は球団記録を作った年に最多セーブのタイトルを獲得していない。

(小林雅英は2005年に29セーブで最多セーブ王の経験あり)

40セーブを超えていないとセーブ王が獲れなくなってきているという事なのかもしれない。

カープの球団記録が40セーブになってもらいたいと思う。

また、カープの最多セーブ王は1992年の大野豊以来出ていないので、カープ選手の最多セーブ王にも期待したい。

 

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください