カープでシーズンMVPを獲得した選手一覧!優勝時に選出されている!その成績は?

2016年に25年ぶりにリーグ優勝を果たしたカープ。

MVPに選ばれたのは新井貴浩であるが、チームとしても1991年の佐々岡真司以来の出来事で、これまで述べ7人が受賞している。

V7と同じ人数で、全てリーグ優勝の年である。

2017年に連覇を達成したカープ、V8で丸佳浩がカープ史上述べ8人目のMVP選手となった。

2018年も丸佳浩が2年連続のMVPを獲得した!

カープでMVPを獲得した選手とは?山本浩二は2度受賞!

リーグMVPは、全国の新聞、通信、放送各社に所属で5年以上プロ野球を担当している記者の投票によって行われる。

リーグ優勝したチームから選ばれることが多いが、稀に優勝以外のチームで圧倒的な数字を残した選手が獲得する事もある。

カープでMVPを獲得した述べ7人の選手は全てリーグ優勝した年に選ばれている。

リーグ優勝時に他のチームにMVP選手を持っていかれる事はなく、逆にリーグ優勝していない年にMVPを獲得した選手もいない。

MVP獲得者 成績
1975 山本浩二 .319、30本、84点、24盗塁
1979 江夏豊 9勝5敗22S、防2.66
1980 山本浩二 .336、44本112点 14盗塁
1984 衣笠祥雄 .329、31本、102点 11盗塁
1986 北別府学 18勝4敗0S、防2.43
1991 佐々岡真司 17勝9敗0S、防2.44
2016 新井貴浩 .300、19本、101点 0盗塁
2017 丸佳浩 .308、23本、92点 23盗塁(最多安打
2018 丸佳浩 .306、39本、97点 10盗塁(最高出塁率

*赤字はタイトル

これまでMVPを獲得した選手はタイトルも獲得しているが、新井貴浩は無冠。

数字だけを見れば、他の年の選手より劣り、2016年シーズンの成績を見ても、チーム内で新井貴浩より優れた選手も多い。

そんな中で新井貴浩がMVPに選ばれたのは、数字には表れない貢献度が大きかったと言える。

カープだけでなく、これまでMVPに選ばれた選手の中でも数字は劣るが、それでもMVPに選ばれるのが、新井貴浩らしいと言えば、新井貴浩らしいなと感じる。

 

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください