正力松太郎賞を受賞した事ある広島東洋カープの選手・監督は何人?

日本プロ野球の生みの親、正力松太郎。

その業績を称え、1977年からその年のプロ野球の発展に大きく貢献した人物(監督・コーチ・選手・審判)に正力松太郎賞が贈られる事になった。

カープで正力松太郎賞を受賞したのは古葉竹識と衣笠祥雄の2人のみ!

正力松太郎賞の対象は、監督・コーチ・審判となっているが、これまで審判が受賞した事は一度もない。

1977年の初めて正力松太郎を受賞したのは、その年に通算本塁打世界記録を更新した王貞治。

そして、2016年に日本ハムファイターズ監督の栗山英樹が受賞して、現行12球団全てのチームから正力松太郎賞受賞者が誕生する事になった。

2016年までに監督として受賞したのが30名、選手として受賞したのが13名となっている。

(2名選出された年が3度あり。)

特に2000年に松井秀喜が受賞して以降、21世紀になってからは監督の選出が続いている。

21世紀以降では、2006年にWBCを制した原辰徳が受賞しているが、その他の年には日本シリーズ優勝監督が必ず受賞している。

(2006年の日本一監督は北海道日本ハムファイターズのトレイ・ヒルマン。)

21世紀になって野手として正力松太郎賞を受賞したのは、2012年に監督原辰徳と共に受賞した阿部慎之助ただ一人。

正力松太郎賞=日本一監督という印象が強い。

 

カープで正力松太郎賞を受賞したのは1980年に2年連続で日本一になった時の監督古葉竹識と1984年に日本一になった時のセントラルリーグMVPの衣笠祥雄。

1984年を最後にカープと正力松太郎は縁が無くなってしまった。

1984年以来日本一になっていないことが遠因となっているだろう。

次にカープが日本一になった時、その監督が正力松太郎賞を受賞する可能性は高い。

緒方孝市であってほしいと思う!

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です