黒田博樹の背番号15が永久欠番に!プロ野球永久欠番一覧!21世紀では初。

日米通算203勝を上げて2016年に現役を引退した黒田博樹。

その代名詞である背番号15が永久欠番になるようだ。

成績だけでなく、社会への貢献度を含めての評価と球団は語っている。

21世紀では初!日本プロ野球永久欠番一覧!

日本プロ野球界では何年も永久欠番が誕生していない。

最近では永久欠番にするのではなく、準永久欠番とするケースが増えている。

その番号にふさわしい選手が出てくるまで保留としておき、その背番号を付けていた選手との合意の元、その番号を復活させるケースが多い。

カープでは野村謙二郎の7、緒方孝市の9が準永久欠番であったが、各々堂林翔太、丸佳浩が受け継ぐ形となった。

前田智徳の背番号1はまだふさわしい選手が出てきておらず、保留のままである。

準永久欠番が増えているのは、簡単に永久欠番にしてしまうと、背番号が無くなってしまうことが背景にあると思う。

ニューヨーク・ヤンキースでは、一桁番号は2以外全てが永久欠番になっている。

その2もデレク・ジーターが付けていた番号であり、永久欠番になることが確実視されている。

黒田博樹の15が永久欠番になるのは、最近のプロ野球界の動向から考えるととても珍しく、それだけ価値があるものなのである。

【日本プロ野球永久欠番一覧】

球団 背番号 選手名 現役年
読売 1 王貞治 1959-1980
3 長嶋茂雄 1958-1974
4 黒沢俊夫 1936-1947
14 沢村栄治 1934-1943
16 川上哲治 1938-1958
34 金田正一 1950-1969
阪神 10 藤村富美男 1936-1958
11 村山実 1959-1972
23 吉田義男 1953-1969
10 服部受弘 1939-1958
15 西沢道夫 1937-1958
広島 3 衣笠祥雄 1965-1987
8 山本浩二 1969-1986
15 黒田博樹 1997-2016
西武 24 稲尾和久 1956-1969

この他、北海道日本ハムファイターズが大社義規前オーナーの100、東北楽天ゴールデンイーグルスがファン番号の10を永久欠番にしている。

(千葉ロッテマリーンズの26は準永久欠番扱い。)

21世紀まで現役を続けた選手が永久欠番になるのは黒田博樹が初。

黒田博樹以外の選手は昭和時代に現役を終えており、平成期に活躍した選手として初めての快挙なのである。

黒田博樹以降、永久欠番になる選手は表れるのだろうか?

 

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です