名球会投手で引退シーズンに日本一になったのは金田正一、東尾修の2人だけ!黒田博樹は残念ながら日本シリーズで敗退!

2016年に日米通算200勝を上げて名球会入りを果たした黒田博樹。

日本シリーズ直前に現役引退を表明し、臨んだ最終決戦。

第3戦目に先発登板するも、5回2/3を投げ終えたところで、ふくらはぎと両ハムストリング(太もも裏)が張り出して緊急降板した。

これが黒田博樹の現役最終登板となってしまった。

名球会投手が引退年に日本一となったのは金田正一、東尾修の2人だけ。

名球会は投手は200勝、もしくは250セーブ、野手であれば2000本安打が入会条件になっている。

近代野球では中6日のローテーションが確立されていることや、リリーバーに重きを置く傾向があり、先発投手の勝ち星が伸びにくい傾向にある。

そうした背景もあり、先発投手で200勝を達成している投手は24人しかいない。

名球会は昭和生まれ以降となっており、200勝を超えて名球会入りを果たした投手は17人となっている。

(250セーブで名球会入りを果たしたのは、これまで3人。)

長いプロ野球の歴史を考えても、とてもハードルの高い記録なのである。

その精鋭たちの中でも、現役最終年に日本シリーズに出場し、日本一となった選手はたったの2人しかいない。

その2人とは、400勝投手読売ジャイアンツの金田正一(1969年)と、ケンカ投法西武ライオンズの東尾修(1988年)である。

名球会入りしている打者でも、現役最終年に日本一になっている選手は1981年読売ジャイアンツの柴田勲、松原誠だけであり、やはり2人。

山本浩二も現役最終年の1986年に日本シリーズに進出したものの敗退している。

山本浩二に続き黒田博樹も名誉ある日本一となれなかった。

達成している人が少ないだけに、余計に価値があり、とても残念な気分である。

 

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です