カープ投手シーズン勝利数ランキング!野村祐輔が1994年紀藤真琴以来の16勝!

2016年、優勝のキーマンともなった野村祐輔がシーズン16勝を上げて最多勝をほぼ確定させた。

シーズン16勝は1994年に紀藤真琴が上げて以来の数字である。

カープ投手のシーズン最多勝利は長谷川良平の30勝!

1994年に紀藤真琴が16勝を上げて以降、ロビンソン・ペレス・チェコ、佐々岡真司、黒田博樹、コルビー・ルイス、前田健太がシーズン15勝を上げているが、16勝に達することはなかった。

⇒ 広島東洋カープ先発投手に存在する16勝の壁を越えろ!!

16勝はカープにとって、とても大きな壁であったのである。

その壁を突破したのだから、シーズン17勝、そして20勝を達成する投手が表れてほしい。

カープ投手のシーズン勝利数ランキングはどのようになっているのだろうか?

順位 勝利数 名前
1位 30 長谷川良平 1955年
2位 27 大石清 1961年
3位 23 安仁屋宗八 1968年
4位 22 長谷川良平 1956年
大石清 1960年
6位 21 長谷川良平 1957年
池田英俊 1963年
外木場義郎 1968年
9位 20 長谷川良平 1953年
備前喜夫 1957年
大石清 1962年
金城基泰 1974年
外木場義郎 1975年
池谷公二郎 1976年
高橋里志 1977年
北別府学 1982年
17位 19 佐伯和司 1973年
18位 18 長谷川良平 1954年
松山昇 1954年
竜憲一 1965年
外木場義郎 1974年
北別府学 1986年
23位 17 長谷川良平 1951年
備前喜夫 1959年
大石清 1964年
北別府学 1979年
佐々岡真司 1991年

1994年以来、16勝の壁を突破したので、シーズン17勝以上を上げたことがあるカープ投手を列挙してみた。

17勝は1991年、20世紀最後の優勝となりMVPを獲得した佐々岡真司以来誕生していない。

シーズン17勝の壁を突破せよ!

 

カープ投手のシーズン最多勝は黎明期を支えた小さな大投手、長谷川良平の30勝。

時代が違うのでシーズン30勝はほぼ不可能な数字であるが、1982年に北別府学が達成して以降誕生していないシーズン20勝を達成する投手が表れてほしいと思う。

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください