プロ野球優勝回数ランキング!1991年と現在を比較!セもパも情勢が大きく変化!

2016年に25年ぶりに優勝、そして2017年に連覇を果たしたカープ。

思えば1975年に初優勝してからはカープ黄金時代であり、1991年までの17年間で6度も優勝していたのである。

1991年のプロ野球優勝回数と2017年の優勝回数を比較してみると、1991年以降に力を付けたチームがどこが把握できる。

1991年にはセントラルリーグ優勝回数が2位だったカープ!

1991年時点での優勝回数は以下のようになる。

(球団名は当時のもので、2リーグ制以降の記録。)

順位 優勝回数 球団
1位 26回 読売ジャイアンツ
2位 6回 広島東洋カープ
3位 4回 中日ドラゴンズ
4位 3回 阪神タイガース
5位 1回 ヤクルトスワローズ
6位 1回 横浜大洋ホエールズ

ジャイアンツの優勝回数が抜きん出ているのさておき、カープがリーグ2位の優勝回数であった。

それが26年も経つと状況はさすがに変わってくる。

順位 優勝回数 球団
1位 36回 読売ジャイアンツ
2位 9回 中日ドラゴンズ
3位 7回 広島東洋カープ
東京ヤクルトスワローズ
5位 5回 阪神タイガース
6位 2回 横浜DeNAベイスターズ

中日ドラゴンズに抜かれ、東京ヤクルトスワローズに追いつかれてしまった。

考えてみれば、カープ黄金期が終焉した1992年以降の1990年代は野村ID野球でスワローズが強かった時代、そして2000年代中盤からは落合博満政権で中日ドラゴンズの時代であった。

そんな中、25年でしっかりと10度の優勝を果たしているジャイアンツは流石である。

ジャイアンツを軸に、強い時代を迎えるチームが出てくるのがセ・リーグの構図なのかもしれない。

2016年からカープがその地位を築いていってもらいたい。

 

パシフィックリーグに目を移すと、激動の26年であったことがわかる。

先ず、1991年時点の優勝回数は以下の通り。

順位 優勝回数 球団
1位 10回 西武ライオンズ
オリックスブルーウェーブ
福岡ダイエーホークス
4位 4回 ロッテオリオンズ
5位 3回 近鉄バファローズ
6位 2回 日本ハムファイターズ

2017年には以下のようになっている。

順位 優勝回数 球団
1位 21回 埼玉西武ライオンズ
2位 18回 福岡ソフトバンクホークス
3位 12回 オリックスバファローズ
4位 7回 北海道日本ハムファイターズ
5位 5回 千葉ロッテマリーンズ
6位 1回 東北楽天ゴールデンイーグルス

1990年代はライオンズの時代であり、21世紀に入ってからはホークスが抜きんでた感じもするが、セリーグよりも群雄闊歩というイメージが強い。

何より波乱を感じさせるのは、1991年当時と比較して全く同じ球団名が存在していないことである。

大阪近鉄バファローズは2001年の優勝を最後に球団が消滅、それ以外にも親会社が変わったり、本拠地が移転したりと激動の25年間だったと言える。

考えてみれば四半世紀は長い。

1975年に優勝し、バブル期に強かったのがカープ。

1991年はバブルが崩壊した年であり、長く続く平成不況の間、カープは優勝できなかったのだ。

もしかしたら2016年のカープの優勝、そして2017年の連覇が、日本経済を上向かせてくれるかもしれない。

 

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です