プロ野球最速優勝ランキング!優勝決定日と残り試合数の多さで順位付け!

2016年9月10日、25年ぶりの優勝を果たした広島東洋カープ。

史上最速優勝の可能性も残していたが、残念ながら1位は更新できずに史上2位の速さとなった。

パシフィックリーグでは、2017年9月16日に優勝した福岡ソフトバンクホークスが最速となっている。

プロ野球史上最速優勝は1990年読売ジャイアンツ!最も残り試合を残して優勝したのは1965年の南海ホークスで残19試合!

2016年のカープ、夏場にやや失速することがあったものの、8月後半になると勢いを再加速させ、更にマジック対象チームの読売ジャイアンツが急ブレーキになったこともあり、9月10日と早い段階で優勝を決めた。

1990年の読売ジャイアンツに次いで、史上2位のスピード記録である。

順位 優勝日 球団 日本一
1位 1990年9月7日 読売ジャイアンツ ×
2位 2016年9月10日 広島東洋カープ ×
3位 2003年9月15日 阪神タイガース ×
4位 2017年9月16日 福岡ソフトバンクホークス
5位 2015年9月17日 福岡ソフトバンクホークス
6位 2017年9月18日 広島東洋カープ ×
7位 1964年9月19日 南海ホークス
1995年9月19日 オリックスブルーウェーブ ×

ランキングを作ってみると、ほとんどのチームが9月中旬以降に優勝を決めている事がわかる。

9月前半に優勝を決めるのは、異常な速さだ。

早い時期に優勝を決めるという事は、それだけ残り試合も多いと事になる。

試合数も時代によって異なり、雨で中止など消化速度の差もあるので、消化試合が少ないチームが最速優勝と言う見方もできる。

順位 消化
残り
試合
優勝決定試合/
総試合数
球団 日本
1位 0.864 19 121/140 1965 南海ホークス ×
2位 0.877 16 114/130 1990 読売ジャイアンツ ×
3位 0.888 16 127/143 2015 福岡ソフトバンクホークス
4位 0.900 14 126/140 2002 西武ライオンズ ×
13 117/130 1972 阪急ブレーブス ×
5位 1990 西武ライオンズ

2016年のカープ優勝は143試合制の131試合目なので、消化率0.916、残り試合数12となり、消化試合の観点からはランキング外となっている。

優勝を早く決め、残り試合が多かったチームは日本一になる確率は高くない。

それだけ調子やモチベーションを維持するのが難しいということだろう。

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください