中崎翔太がカープ球団史上4人目の30セーブ到達!過去に達成した投手と年齢は?

カープの若き守護神、中崎翔太がプロ入り初の30セーブを達成した。

カープ球団史上4人目の快挙である。

カープで30セーブ以上を上げた投手と通算セーブ数は?

過去にカープで30セーブ以上を上げた投手は以下の通りである。

名前 セーブ数 年齢 通算セーブ数
小山田保裕 30 2002 26 37
永川勝浩 31 2007 27 165
38 2008 28
36 2009 29
サファテ 35 2011 30 171
中崎翔太 30 2016 24 60

*2016年9月4日現在

時代背景もあるだろうが、カープでクローザーとして名を馳せた江夏豊、津田恒実、大野豊、佐々岡真司と言った往年の名投手は30セーブを達成したことはない。

全て21世紀になって以降の記録である。

4人の中で中崎翔太が最も年齢若くして30セーブに到達することができた。

24歳にして60セーブは誇れる数字だと思う。

クローザーはチームに一つしかないポジションであり、継続してクローザーの地位を守り、セーブを上げていくことはとても難しい。

また、無理がたたり肘・肩に負担が来るケースもある。

中崎翔太がこのまま長くクローザーの地位を守ることができれば、永川勝浩が持つ球団記録の165セーブを超える事も可能のはずだ。

そして、佐々木主浩、岩瀬仁紀、高津臣吾が達成している250セーブでの名球会入りを目指して、カープ不動のクローザーを10年以上に亘って継続してもらいたい。

30年連続30セーブを上げれば、通算300セーブ!

14年連続で30セーブを続ければ、岩瀬仁紀が持つ402セーブの日本記録にも手が届く。

数字で書くと簡単な話だが、心技体どれかが欠ければ達成不可能な数字である。

中崎翔太ならきっとやってくれるはずだ。

 

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください