延長に満塁本塁打を放ったことがあるカープの選手とは?計4人!緒方孝市は劇的な満塁本塁打を放った男!

2016年8月27日(土)対中日ドラゴンズ@ナゴヤドームの延長10回、新井貴浩が満塁本塁打を放った。

新井貴浩は通算10本目の満塁本塁打(カープ在籍時に限れば8本目)。

延長で満塁本塁打を放ったカープの選手は新井貴浩で4人目の快挙!

試合が延長に入るという事は、試合は拮抗している証拠。

両チームとも勝ち試合の継投で来るので、簡単に大量得点が望める展開ではない。

その為、延長回で満塁サヨナラ本塁打を放ったことがある選手も少ない。

カープでは4人しか記録していないのである。

名前
1997 江藤智
2004 緒方孝市
2008 シーボル
2016 新井貴浩

緒方孝市は満塁本塁打を通算7本放っている。

カープでの通算満塁本塁打数ランキング!1位はやはり山本浩二!

その内の1本が延長回での満塁本塁打だが、それ以外にも記憶に残る満塁本塁打を放っている。

それは、1997年9月11日に放ったサヨナラ満塁本塁打。

9回裏3点差で迎えたツーアウト満塁から放ったお釣りのない逆転サヨナラ本塁打。

9回裏ツーアウトから3点差をひっくり返したサヨナラ満塁本塁打は、過去に4例しかないのだ。

日付 名前 所属
1954年4月27日 青田昇 洋松
1982年5月23日 長崎啓二 大洋
1997年9月11日 緒方孝市 広島
2001年9月30日 藤井康雄 オリックス

およそ20年に一度しかでない記録と言える。

2001年に大阪近鉄バファローズの北川博敏が、9回裏3点差をひっくり返す代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打を放ち、これ以上の肩書付きの本塁打はないと言われているが、延長回のツーアウトからと言うシチューエ―ションとなれば、本当にこれ以上のものはないだろう。

優勝決定試合で、同点で延長に入って、表のチームに3点差をつけられないといけないので、天文学的な確率となるだろう。

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください