球団創設から25年で初優勝、1991年以来25年ぶりの優勝!そして背番号25番の新井貴浩が躍動!

2016年、カープは25年ぶりの優勝を果たした。

思えば、カープ創設が1950年で初優勝は1975年、初優勝までに要した期間は25年(球団創設から26シーズン目)。

カープには25と言う数字が因縁ある数字なのかもしれない。

25年ぶりの優勝に背番号25新井貴浩が躍動した2016年版広島東洋カープ!

2016年にカープが優勝できた要因として、様々な事が上げられる。

前田健太の穴を埋めた野村祐輔。

ジャクソン、中崎翔太を軸にした安定感あるリリーバーの確立。

1~3番を固定したタナキクマルの活躍。

神ってる男鈴木誠也の大成長。

そして、投打の柱である黒田博樹と新井貴浩の存在を忘れてはならない。

黒田博樹は昨年からローテーションを守り安定した成績を残していたが、新井貴浩は見事に復活を果たした1年であった。

カープに復帰した2015年は、代打でスタートしてから徐々にスタメンを勝ち取り、4番に座るようにもなったが、それでも物足りない成績であった。

しかし、2016年は打点王も狙えるかという数字を残しており、打率3割、本塁打20本も狙える位置におり、4番としての重責をしっかりと果たしている。

そして、その背中で若いチームを引っ張ってくれた。

背中の背番号は25。

カープ入団から阪神へFAで移籍した後も付けていた番号で、新井貴浩の代名詞とも言える。

しかし、カープに復帰した昨年は、25番を高橋大樹が付けていた為に空き番号であった背番号28を付けていた。

そして、2016年に背番号25新井貴浩が復活!

2016年カープ優勝は新井貴浩の為の1年であったかもしれない。

今年のカープはMVP候補がたくさんいる。

その筆頭にも挙げられている新井貴浩、「25」yearとしてMVP受賞が相応しいと言えるだろう。

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.