カープのシーズン最低・最高勝率は?2017年が球団最高勝率!

2016年、25年ぶりのリーグ優勝を果たしたカープ。

惜しくも90勝に届かずに89勝であったが、これは球団最高の勝利数であり、勝率でも球団最高の数値であった。

(2017年にその記録を塗り替えた!)

カープ、シーズン勝率が6割を超えたのは計6回!

カープのシーズン勝率ランキングは以下の通りになる。

ランキング 試合数 勝利 敗北 引分 勝率 順位
1位 2017 143 88 51 4 .633 優勝
2位 2016 143 89 52 2 .631 優勝
3位 1984 130 75 45 10 .625 優勝
4位 1980 130 73 44 13 .624 優勝
5位 1986 130 73 46 11 .613 優勝
6位 1975 130 72 47 11 .605 優勝
7位 1989 130 73 51 6 .589 2位
8位 1979 130 67 50 13 .573 優勝
9位 1991 132 74 56 2 .569 優勝
1995 131 74 56 1 .569 2位
11位 1981 130 67 54 9 .554 2位

勝率が6割を超えたのは2016年で5回目であるが、その全てで優勝。

さすがに勝率6割を超えて優勝を逃すケースは少ないと思うが、2016年のパシフィックリーグは優勝した北海道日本ハムファイターズが.621、2位の福岡ソフトバンクホークスが.606と、上位2チームが勝率6割を超えていることもある。

 

では逆に、カープのシーズン勝率のワーストは?

ランキング 試合数 勝利 敗北 引分 勝率 順位
1位 1950 138 41 96 1 .299 8位
2位 1952 130 37 80 3 .316 6位
3位 1951 99 32 64 3 .333 7位
4位 1956 130 45 82 3 .358 5位
5位 1967 138 47 83 8 .362 6位
6位 1972 130 49 75 6 .395 6位
7位 1993 131 53 77 1 .408 6位
8位 2005 144 58 84 4 .408 6位
2010 146 58 84 2 .408 5位
10位 1953 130 53 75 2 .414 4位

最低勝率は1950年、球団が創設された1950年で、勝率は3割に届かずに.299。

初優勝する1975年以前には、勝率が4割に届かなった年も6度ある。

球団勝率ワーストランキング、ほとんどが創成期のことであるが、2005年山本浩二政権の最終年、そして2010年野村謙二郎政権の初年度に揃って.408という低い勝率を記録している。

2005年は黒田博樹が最多勝、新井貴浩が本塁打王を獲得した年である。

2016年に優勝したチームを支えた2人が獲った初めてのタイトル。

そして2010年にはあまり勝てなかったものの、今のカープの土台を作ったのが野村謙二郎と言っても過言ではない。

そう考えると、2005年、2010年も勝率は低かったもののカープにとって重要な年であったと言えるだろう。

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

「カープのシーズン最低・最高勝率は?2017年が球団最高勝率!」への2件のフィードバック

  1. 巨人以外のセリーグのチームで2年連続6割以上は初めてのようで
    記録的な強さのようです

    1. 名無しの匿名さま

      そうなんですね!
      それは知らなかったです。
      この強さ、本物ですね\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です