先発投手の投球数議論!カープの先発投手の最多投球数はどれくらい?

2016年7月8日(金)対阪神タイガース@甲子園球場で、阪神先発の藤浪晋太郎が8回161球を投げたことが議論を呼んでいる。

懲罰的に投げさせた意味合いもあるようだが、先発投手はどれくらいの投球数が打倒なのだろうか?

カープ過去10年の先発投手の1試合最多投球数は前田健太の153球

今回の藤浪晋太郎の件は関係なく、トミージョン手術をする選手が増えている背景もあり、先発投手の投球数理論は度々起こっている。

単に1試合で何球投げたという話だけではなく、登板間隔の問題もあるが、私は中6日で120球くらいは問題ないのでは?と思っている。

昭和の時代には、中4日、5日が当然で、150球近い投球数を投げる投手がざらにいた。

それでも、故障をしたという例は今よりも少ないと思う。

(鉄拳制裁時代で黙っていただけかもしれないが。)

現在は医療技術も発達し、クールダウンの方法も向上しているはずなので、中6日の登板間隔であれば、120球くらいでは問題ないと思っているのが個人的な考えだ。

そんな中で、シーズンで1,2度は150球くらいを投げても問題はないような気がする。

千葉ロッテマリーンズの涌井秀章のように、150球投げても平気な投手もいたりするが、選手の体の強さもあるので、もちろん一概には言えない。

(2009年の涌井秀章は、160球以上3度、150球以上1度、140球以上5度と投げまくっていたい。)

カープではそれほど投球数を投げたという話は聞かないが、2006年以降の各年で、最も投球数を投げたのが誰で何球になるのだろうか?

日付 対戦相手 スコア 最多投球数
(投球回)
投手名
2007 9月
27日
東京ヤクルト
スワローズ
7-3 132球
(9回)
黒田
博樹
2008 7月
20日
東京ヤクルト
スワローズ
3-4 139球
(7回)
高橋
2009 4月
28日
読売
ジャイアンツ
5-0 132球
(9回)
大竹
2010 9月
16日
中日
ドラゴンズ
5-3 153球
(9回)
前田
健太
2011 4月
20日
横浜
ベイスターズ
2-0 129球
(9回)
篠田
純平
10月
25日
東京ヤクルト
スワローズ
1-2 129球
(8回2/3)
前田
健太
2012 10月
8日
横浜DeNA
ベイスターズ
8-1 140球
(9回)
前田
健太
2013 4月
26日
中日
ドラゴンズ
3-2 137球
(5回)
久本
祐一
2014 5月
1日
阪神
タイガース
6-1 148球
(9回)
大瀬良
大地
2015 4月
7日
読売
ジャンアンツ
1-2 140球
(8回2/3)
大瀬良
大地
2016 7月
10日
東京ヤクルト
スワローズ
9-0 140球
(9回)
戸田
隆矢

*2016年は7月10日現在

この10年、カープで1試合で最も球数を投げたのは前田健太の153球。

その前田健太は、ロサンゼルスドジャースのメディカルチェックで肘に不安があると診断された。

140球以上を2度記録している大瀬良大地も、右肘の靭帯損傷で2軍調整中。

シーズン1,2度は150球くらい投げても問題ないと先述したが、訂正した方がよさそうだ。

藤浪晋太郎の161球はカープ投手陣にとっては考えられない数字と言える。

将来がある藤浪晋太郎、今後の状態に注目したい。

 

 

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.