下水流昂、福田永将、佐藤賢治、西嶋一記がいた1988年生まれ黄金世代の横浜高校

プロ入り初ホームランを放つなど、好調カープを支えている選手の一人、下水流昂。

横浜-青山学院大学-Hondaと野球エリートの道を歩んで来ているが、特に横浜高校時代のチームメイトにはプロに入った選手も多い。

1988年生まれ黄金世代の横浜高校の選手は誰がいる?

下水流昂は1988年4月23日生まれ。

田中将大や前田健太、坂本勇人と同じ年のいわゆる黄金世代。

彼らの代の夏の甲子園の決勝戦、早稲田実業対駒大苫小牧は、再試合になるほどの激闘で、高校野球ファンならずとも思い出に残っている人が多いだろう。

しかし、この年の春の選抜、どこか優勝したか即答できる人は少ないかもしれない。

前年の明治神宮大会を制止したのは駒大苫小牧であるが、1学年上の先輩の不祥事により、翌春の選抜出場は辞退となった。

本命無き春の選抜を制したのは、横浜高校である。

決勝戦のメンバーを見てみると、3番~6番までが後にプロ入りした選手たちだ。

3番 ショート 高濱卓也
4番 キャッチャー 福田永将
5番 ライト 佐藤賢治
6番 センター 下水流昂

背番号10の控え投手にはロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約をした西嶋一記もいる豪華なメンバー。

先述した高濱卓也は2年生であるが、1988年生まれ前後の横浜高校にはプロ入りした選手が溢れていた。

1986年生まれ世代 涌井秀章(埼玉西武ライオンズ-千葉ロッテマリーンズ)
石川雄洋(横浜DeNAベイスターズ)
1987年生まれ世代
1988年生まれ世代 下水流昂(広島東洋カープ)
福田永将(中日ドラゴンズ)
佐藤賢治(千葉ロッテマリーンズ-北海道日本ハムファイターズ)
1989年生まれ世代 高濱卓也(千葉ロッテマリーンズ)
1990年生まれ世代 土屋健二(北海道日本ハムファイターズ-横浜DeNAベイスターズ)
倉本寿彦(横浜DeNAベイスターズ)

下水流昂も花開くまでは時間がかかったが、持って生まれたセンス+苦労して努力して蓄えた力で、カープだけでなく、球界を代表する選手になっていってもらいたい。

 

 

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください