黒田博樹200勝!大卒では5人目!日米通算では野茂英雄に次いで2人目の快挙!

2016年7月23日(土)対阪神タイガース@マツダスタジアム。

黒田博樹が200勝を達成した。

41歳5ヶ月の達成は山本昌の42歳11カ月に次ぐ年長記録。

平成以降に入団しての200勝達成は野茂英雄に次いで2人目。

黒田博樹のシーズン最多勝利は2012年ニューヨークヤンキース時代の16勝だが、これは工藤公康と並び最少記録。

シーズン20勝に満たない投手での達成は野茂英雄、山本昌を含めて4人目となった。

大学卒業選手での200勝達成は5人目!名球会入会資格で言えば2人目!

黒田博樹は日米通算での200勝達成。

これは野茂英雄に次ぎ2人目の快挙となった。

また、大学卒業選手としての200勝達成は黒田博樹で5人目である。

通算勝利数 名前 経歴
237 若林忠志 本牧中学校(旧制)
– 法政大学(旧制)
215 杉下茂 帝京商業学校(旧姓)
– いすゞ自動車
– 明治大学(旧制)
222 村山実 住友工業高等学校
-関西大学
200 藤本英雄 下関商業学校(旧制)
-明治大学(旧制)
200 黒田博樹 上宮高等学校
-専修大学

*杉下茂は社会人を経験してから大学に入学している。

この中で、名球会資格である昭和以降生まれは村山実に次いで2人目となった。

即ち、黒田博樹が名球会に入会すれば、大卒の投手としては2人目となる。

(名球会は任意団体なので、加入は強制ではない。落合博満は入会していない。)

 

ローテーションがしっかりと確率している近代野球。

先発投手と言えど、勝ち星が昔のように積み重ねていける訳ではない。

毎年20勝で10年、15勝で14年、10勝で20年かかる。

毎年10勝で20年続けるのも簡単ではない。

打者であれば、毎年200安打で10年、150安打で14年、100安打で20年となる。

シーズン10勝する投手と100安打する野手の数を比較すれば、投手の200勝がどれだけハードルが高いかがわかるはずだ。

シーズン最多勝と最多安打を比較してもわかると思う。

このような状況で、今後大卒の投手で200勝に届く選手は表れるのだろうか?と思う。

 

 

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

「黒田博樹200勝!大卒では5人目!日米通算では野茂英雄に次いで2人目の快挙!」への2件のフィードバック

    1. you様

      山本昌含めて4人ですね。
      ご指摘ありがとうございます。
      訂正いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください