PL学園出身のプロ野球選手一覧!81人もの選手をプロに送り込んでいる名門野球部!

2016年7月15日、PL学園が夏の甲子園大阪府予選で敗退。

長い歴史があるPL学園野球部だが、休部となった。

近い将来、復活することを強く望む。

PL学園出身のプロ野球選手は1992年生まれの吉川大幾、勧野甲輝以降誰もいない

PL学園野球部は、学校創立の翌年、昭和31年(1956年)創部。

創部6年目に初めて甲子園に出場して以降、春3回、夏4回の優勝、春1回、夏3回の準優勝を果たし、高校野球好きでなくても誰でも知っている学校である。

その野球部が不祥事などもあり、休部となった。

廃部ではないので、復活することを強く望みたい。

もちろんプロ野球界にも多くの選手を輩出している。

1963年に阪神タイガースに入団した野田征稔がPL学園出身のプロ野球選手第1号で、これまで計81人がプロ入りしている。

5期 野田征稔
9期 戸田善紀、愛甲徹、中塚政幸、坪井新三郎
11期 得津高宏、福嶋久晃(久)、長井繁夫
12期 加藤英治、加藤英司(秀司)、野口善男
13期 大和田正海
14期 川口孝秀
16期 新井宏昌(鐘律)、新美敏
17期 行沢久隆
19期 立野政治、平山正人
20期 金森栄治
21期 尾花高夫
23期 米村明
24期 西田真二(真次)、木戸克彦、谷松浩之、金石昭人
25期 小早川毅彦、山中潔、阿部慶二、山崎剛
26期 岡部明一
27期 吉村禎章、若井基安、西川佳明
28期 榎田健一郎、森浩之
29期 加藤正樹、山中勝己
30期 岩田徹
31期 清原和博、桑田真澄、松山秀明、今久留主成幸、内匠政博
32期 霜村英
33期 立浪和義、野村弘樹(弘)、橋本清、片岡篤史
34期 宮本慎也
35期 野々垣武志
36期 入来祐作
37期 坪井智哉
38期 今岡誠
39期 松井稼頭央
40期 サブロー、宇高伸次
41期 福留孝介、前田忠節、辻田摂
42期 前川勝彦(克彦)、荒金久雄
43期 小林亮寛、前田新悟
44期 大西宏明、平石洋介
45期 田中雅彦、田中一徳、七野智秀、覚前昌也
46期 中尾敏浩、加藤領健
47期 今江敏晃、小斉祐輔、桜井広大、朝井秀樹
49期 小窪哲也
52期 前田健太、冨田康祐
54期 緒方凌介
56期 吉川大幾、勧野甲輝

これまで81人もの選手をプロ野球界に送り込んでいる。

もちろん史上最多人数である。

KKコンビで春夏連覇を果たした代では5人もプロに入っており、1977年度(23期)~2001年(47期)までの選手は必ず誰かがプロに入っている。

こんな高校、今後出てくるのだろうか?

2009年度(56期)以降はプロ野球選手を輩出していない。

PL学園出身で82人目のプロ野球選手の誕生はいつになるだろうか?

 

 

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です