カープ史上最も多く3割打者を輩出したのは何年で何人?

カープのビックレッドマシンガン打線が好調である。

2016年は、何人の選手が3割を打つのだろうか?と注目を集めているが、過去にカープで3割打者を最も多く輩出したのは、何年で何人なのかを調べてみた。

1996年ビックレッドマシン時の3割打者5人が最多!

カープは過去6度リーグ優勝を果たしているが、その時に何人の3割打者がいたのだろうか?

3割打者
1975年 1人(山本浩二.319)
1979年 1人(高橋慶彦.304)
1980年 2人(山本浩二.336、高橋慶彦.307)
1984年 3人(衣笠祥雄.329、山崎隆造.319、高橋慶彦.303)
1986年 0人
1991年 2人(野村謙二郎.324、山崎隆造.301)

1986年には3割打者を1人も擁すことなくリーグ優勝を果たしている。

リーグ優勝時に最も多く3割打者を輩出したのは1984年の3人であるが、過去に3割打者を3人輩出した年は、1984年を含めて13度もある(1976、1977、1978、1981、1983、1984、1989、1994、1997、2001、2004、2005、2008年)。

4人を輩出した年は一度もなく、カープ史上最も多く3割打者を輩出した年はビックレッドマシンと呼ばれた1996年の5人だ。

◆江藤智.314
◆西山秀二.314
◆前田智徳.314
◆ルイス・ロペス.313
◆金本知憲.300

この年は、この5人に加えて、野村謙二郎.292、緒方孝市.279、正田耕三.235と8人が規定打席に到達しており、全てのポジションがレギュラーで固定されていたと言える。

(浅井樹と町田公二郎が左右の代打の切り札であった。)

2016年のビックレッドマシンも田中広輔、菊池涼介、丸佳浩、新井貴浩、ブラッドエルドレッド、鈴木誠也と6人の3割打者が誕生する可能性がある。

名実ともにビックレッドマシンガン打線はビックレッドマシンを抜くことができるだろうか?

 

 

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください