2試合連続サヨナラ本塁打を放った長嶋清幸と鈴木誠也の3試合目の結果は?

1984年に2試合連続サヨナラ本塁打を放った長嶋清幸。

2016年に2試合連続サヨナラ本塁打を放った鈴木誠也。

2試合連続サヨナラ本塁打後の3試合目の成績はどうだったのだろうか?

鈴木誠也はカープでは20試合ぶりの3試合連続決勝本塁打!

長嶋清幸も鈴木誠也も、地元である新旧の広島市民球場での3連戦の1,2試合目にサヨナラ本塁打を放った。

長嶋清幸は、初戦に2安打、2戦目に1安打放ったものの、3戦目は無安打でチームも2-6で敗戦している。

日にち スコア 対戦相手 長嶋清幸成績
1984年9月15日 3-2 読売
ジャイアンツ
4打数2安打1本塁打3打点1三振
1984年9月16日 1-0 4打数1安打1本塁打1打点1四球
1984年9月17日 2-6 4打数0安打1三振

この3連戦で長嶋清幸が放った安打は3本。

この年の本塁打数は13本と決して多くはない。

ミラクル男と呼ばれた長嶋清幸、ここぞの場面で記憶に残る本塁打を放っているのである。

 

一方の鈴木誠也は、2試合連続サヨナラ本塁打の後、3試合目にも試合を決める決勝本塁打を8回に放っている。

3試合連続で決勝本塁打を放ったのは、江藤智以来20年ぶりの快挙である。

 

日にち スコア 対戦相手 鈴木誠也成績
2016年6月17日 6-4 オリックス
バファローズ
6打数3安打1本塁打2打点1三振
2016年6月18日 4-3 4打数1安打1本塁打3打点1三振
2016年6月19日 5-4 4打数2安打1本塁打1打点

3連戦で14打数6安打3本塁打6打点と大当たり。

この3連戦で規定打席にも到達して、3割オーバーの打率はランキング上位に顔を出している。

本塁打も初の2桁に乗り、チームの中心選手となった。

緒方孝市は、鈴木誠也はことを「神ってる」と表現したが、これが実力だろう。

長嶋清幸はミラクル男のイメージが強いが、鈴木誠也はミラクルと超えて、これくらいやってくれると言う期待感を持たせてくれる男になったのだ。

 

 

 

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください