鈴木誠也2試合連続本塁打は日本一になった長嶋清幸以来32年ぶり

鈴木誠也が2016年6月17日(金)、18日(土)の対オリックスバファローズ戦@マツダスタジアムで2試合連続でサヨナラ本塁打を放った。

史上10人目の快挙で、カープでは32年ぶり2人目の記録となった。

2試合連続サヨナラ本塁打を放った選手一覧!

鈴木誠也で10人目の記録となった2試合連続サヨナラ本塁打。

これまでに達成した選手は以下の通り。

選手名 所属 達成日、イニング シーズン順位
桑田武 大洋 1961.4.8広島戦10回
1961.4.9広島戦9回
6位
豊田泰光 サンケイ 1968.8.24中日戦9回(代打)
1968.8.25中日戦10回(代打)
4位
若松勉 ヤクルト 1977.6.12広島戦10回(代打)
1977.6.13広島戦9回(代打)
2位
長嶋清幸 広島 1984.9.15巨人戦9回
1984.9.16巨人戦12回
優勝
デシンセイ ヤクルト 1988.6.15巨人戦9回
1988.6.18広島戦9回
5位
門田博光 オリックス 1990.9.9西武戦9回
1990.9.10西武戦9回
2位
松井稼頭央 西武 2002.5.10オリックス戦9回
2002.5.11オリックス戦10回
優勝&
日本一
平田良介 中日 2011.6.4西武戦11回
2011.6.5ロッテ戦9回
優勝
バルディリス オリックス 2012.4.30西武戦9回
2012.5.1ロッテ戦9回
6位

カープがやられている事も多い。

しかし、一番インパクトがあるのは長嶋清幸の2試合連続サヨナラ本塁打であろう。

⇒ カープで2試合連続サヨナラ本塁打と言えば1人で打った長嶋清幸

ライバル球団であるジャイアンツの江川卓と西本聖から放った2発!

優勝するチームにはこうした劇的な試合が必ず訪れる。

長嶋清幸はそのままの勢いで日本一に貢献し、日本シリーズMVPに輝いている。

1984年はカープが最後に日本一に輝いた年。

カープではその年以来、32年ぶりに2試合連続サヨナラ本塁打を放った男が表れた。

25年ぶりのリーグ優勝だけでなく、32年ぶりの日本一を期待せずにはいられない。

 

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.