千葉ロッテマリーンズ1イニング15得点で誕生した日本記録は計6個

千葉ロッテマリーンズとの交流戦、QVCマリンフィールドでの試合がある度に思い出す試合がある。

2009年6月11日千葉ロッテマリーンズ23-2広島東洋カープ@千葉マリンスタジアム

ここまでの書き出しだけで、どの試合か思い出すカープファンも多いだろう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2
千葉ロッテ 0 2 5 0 0 15 1 0 × 23

6回裏の1イニング15得点は日本新記録である事は、とても有名である。

この攻撃に費やした時間はなんと48分。

ほぼドラマ1本分であるが、カープ側からすれば見たくもない悲劇のドラマだ。

このイニングで生まれた日本記録は最多得点だけでなく、合計6個もの日本新記録が誕生している。

◆1イニング最多得点:15
◆1イニング最多打点:15
◆1イニング最多打者:20
◆1イニング最多打席数:3(大松尚逸 )
◆打者2巡
◆14連続得点

打つ方も、投げる方も、そして観ていたファンも疲れた試合だろう。

当時のカープ監督はマーティ・レオ・ブラウン。

試合後の談話で、「ラグビーみたいな試合」とあきれていたようだが、次のようなコメントも残している。

「きょうの勝者はマリーンズではない。左翼席のカープファンだ。これだけ点差があっても応援し続けてくれた。彼らは勝者である。」

何とも、マーティらしいコメントだと思う。

当時は、「カープ女子」という言葉すらなく、1998年から続くBクラスの暗黒時代の真っ只中。

カープ応援団は、弱い時代も応援で支え続けてきた結果、今の様な人気球団になった。

マーティ政権下でもAクラスには入ることができなかったが、マーティはファンの心を掴む事で、今のカープの土台を支えてきたと言ってもいいだろう。

 

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください