カープ交流戦初戦の成績と交流戦の結果の関係性は?

プロ野球は、開幕をとても重視する。

では、2005年から始まった交流戦、カープの交流戦開幕戦の結果と、交流戦の成績の相関について調べてみたいと思う。

交流戦開幕にとても弱かったカープ!

カープ交流戦開幕試合の結果と交流戦成績は以下の通り。

相手 結果 勝敗 勝率 交流戦
順位
2005 西武 4-13 11 24 1 .314 11
2006 ソフトバンク 0-5 16 20 0 .444 9
2007 オリックス 0-6 5 18 1 .217 12
2008 ソフトバンク 3-4 13 11 0 .542 6
2009 オリックス 9-1 14 9 1 .609 3
2010 東北楽天 4-6 10 12 2 .455 10
2011 ソフトバンク 4-4 6 16 2 .273 12
2012 東北楽天 0-1 10 11 3 .476 6
2013 ソフトバンク 7-1 11 13 0 .458 8
2014 ソフトバンク 3-6 9 15 0 .375 12
2015 千葉ロッテ 7-4 9 9 0 .500 7
2016 千葉ロッテ 0-5  11 6 1  .647 3
2017 埼玉西武 5-0 12 6 0 .667 2
2018 埼玉西武 3-7 7 11 0 .389 9
通算 4勝9敗1分、勝率.285(2018年まで) 125 164 11 .419 11

カープは交流戦の開幕試合の勝率が低く、交流戦への入りが悪い。

交流戦で調子を崩す要因の一つが、交流戦への入り方が問題ないのかもしれない。

(2016年以降は交流戦の苦手意識が無くなってきている感がある。)

交流戦の開幕カードをどのように決めているかわからないが、ソフトバンクといきなり対戦することが多い。

これまで5度も交流戦の開幕で対戦している。

一方、北海道日本ハムと交流戦開幕で当たったことが無い。

交流戦の開幕カードはシーズン前に決まっているのだろうが、毎年交流戦の開幕相手はパシフィックリーグで調子の良いチームと当たる傾向にあると感じる。

交流戦の開幕相手が満遍なくどのチームともあたるようにカードを組んでもらいたいと思う。

(だからと言って、それがカープ鬼門の交流戦を勝ち越せる理由になるとも思わない。)

 

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください