カープ交流戦通算成績や勝率は?年度毎の順位や勝ち越した年は?

カープ鬼門の交流戦。

苦手とされる交流戦だが、これまでの通算成績はどうなっているのだろうか?

交流戦の通算成績が4割強のカープ

球界再編問題を機に2005年から始まった交流戦。

通算成績でカープは大きく借金を抱えている。

勝率 交流戦
順位
シーズン
順位
2005 11 24 1 .314 11 6
2006 16 20 0 .444 9 5
2007 5 18 1 .217 12 5
2008 13 11 0 .542 6 4
2009 14 9 1 .609 3 5
2010 10 12 2 .455 10 5
2011 6 16 2 .273 12 5
2012 10 11 3 .476 6 4
2013 11 13 0 .458 8 3
2014 9 15 0 .375 12 3
2015 9 9 0 .500 7 4
2016 11 6 1 .647 3 優勝
2017 12 6 0 .667 2  優勝
通算 137 170 11 .433 11

通算での勝率が.446と大きく負け越していて、11位。

交流戦が鬼門だの苦手だの言われても仕方ない。

これまで勝ち越したのは2008年・2009年・2016年の3シーズンのみで、2015年の勝率5割を含めて考えても、交流戦では大きく借金を作ってしまっていることになる。

交流戦はシーズン順位を大きく左右すると言われるが、カープの交流戦順位とシーズン順位を見ていると、それほど関係性がないことがわかる。

とは言え、カープのシーズン順位は3位以下ばかりなので、交流戦順位とシーズン順位の本当の相関はわからない。

リーグ制覇をした時に、交流戦も勝ち越して楽しく応援できたなと思うシーズンを早く味わいたい。

ここまで勝率が悪いと、勝率5割でいいやと思うのが人間心理だろうが、目標が低いとそれ以上の結果が伴う事はない。

選手もファンも、交流戦だからと気負うことなく、一戦必勝で気付いたら勝ち越していた、というくらいの雰囲気がいいのではないだろうか?

~2017年交流戦前に追記~

2016年は交流戦で流行語ともなる「神ってる」活躍を見せた鈴木誠也らの活躍で貯金を5つ作り、25年ぶりの優勝へと勢い付けた。

交流戦はシーズンの大きなカギを握っているのだ!

~2017年9月18日追記~

連覇達成!

交流戦の勝ち越しはリーグ優勝に大きなポイントとなる事は間違いない!

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です