2試合連続サヨナラ勝ちの合計得点日本記録は千葉ロッテ!

2016年5月14日(土)、15(日)と千葉ロッテマリーンズが2試合連続サヨナラ勝ちした。

千葉ロッテにとっては嬉しい週末、東北楽天にとっては腹立たしい週末だったことだろう。

2試合連続サヨナラ勝ちで、その2試合の合計得点は22。

これは2リーグ制後の最多記録となった。

1998年のマシンガン打線の記録を抜いた2016年マリンガン打線

2試合の結果は以下の通り。

2016年5月14日(土) QVCマリン 千葉ロッテマリーンズ vs 東北楽天ゴールデンイーグルス

2016年5月15日(日) QVCマリン 千葉ロッテマリーンズ vs 東北楽天ゴールデンイーグルス

2リーグ制後の2試合連続サヨナラ勝ちでの合計得点の最多は、横浜ベイスターズが1998年7月14日、15日の読売ジャイアンツ戦で8-7、13-12での計21得点を抜いて最多となった。

マシンガン打線の記録をマリンガン打線が更新したのである。

この2日間、千葉ロッテマリーンズは合計失点が計20と失点も多かったが、2試合合計20失点以上も与えて連勝したのは、1993年5月18、19日の東京ヤクルトスワローズ以来である。

この時の対戦相手はカープで、14-7、17-16で23失点しながら連勝している。

カープは2試合計31失点…

 

今回紹介した1998年の横浜ベイスターズ、そして1993年のヤクルトスワローズは共にリーグ優勝して、日本一になっている。

2016年の千葉ロッテは同じ道を歩めるだろうか?

 

カープに取ってはスッキリしない話もあったので、2試合連続サヨナラ勝ちと言えばこの男、長嶋清幸の2試合連続サヨナラホームラン、そして1984年の胴上げシーンをどうぞ!

 

 

 

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください