サヨナラ勝ちの最多得点日本記録はヤクルトの17点!相手は?

2016年5月14日(土)、千葉ロッテマーリンズが東北楽天ゴールデンイーグルスとの打撃戦を制し、13-12でサヨナラ勝ちした。

試合結果

13点でのサヨナラ勝ちは、サヨナラ勝ちでのパシフィックリーグ最多記録である。

日本記録はと言えば、1993年に東京ヤクルトスワローズが記録した17点が最多となる。

1993年5月19日ヤクルト17 – 16 広島がサヨナラ勝ちの最多得点

サヨナラ勝ちでの最多得点は1993年5月19日行われたヤクルトスワローズ対広島東洋カープ@神宮球場、延長14回17 – 16でヤクルトが勝利した試合。

16 – 16で延長に入り、5時間46にも及ぶ試合であった。

ヤクルトファンだけでなく、カープファンの記憶にも残っている試合ではないだろうか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
広島 0 1 4 2 1 1 1 6 0 0 0 0 0 0 16
ヤクルト 2 0 11 0 1 0 2 0 0 0 0 0 0 17

試合結果

この試合は、サヨナラ勝ちの最多得点だけでなく、両チーム合わせて33得点も2リーグ分裂後の最多得点タイ記録。

その他、池山隆寛が3回裏に2打席連続の本塁打(満塁&3ラン)を記録しているが、これは1イニングでの最多本塁打、最多塁打、最多打点の日本タイ記録である。

この試合を見てた人は楽しかっただろうなと思うと共に、とても疲れたはずだ(特にカープ選手、カープファン)。

 

2016年現在、カープもスワローズも打線が自慢のチームになっている。

この試合ではカープ24安打、スワローズ18安打と壮絶な打ち合いを演じているが、打撃力のDNAがあるのだろうか?

(カープは貧打の年も多いが・・・)

しかし、野球の投手力、失点を抑えて勝つチームが強い!

そんなチームを作ってもらいたいと思う。

 

 

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください