カープ在籍経験者の対巨人通算勝利数ランキング!読売ジャイアンツキラーは誰?

プロ野球選手にとって読売ジャイアンツ戦は燃えるもの⁉

カープ在籍経験者の対巨人通算勝利数について調べてみた!

カープ在籍時にジャイアンツから最も勝利した巨人キラーはFA移籍で巨人に行ったあの投手!

カープ在籍時での対読売ジャイアンツ通算勝利数ランキングトップ5は以下の通り。

順位 名前 対巨人勝敗 通算での勝敗
1位 川口和久 33勝31敗 139勝135敗
2位 長谷川良平 30勝35敗 197勝208敗
北別府学 30勝33敗 213勝141敗
4位 安仁屋宗八 26勝34敗 119勝124敗
外木場義郎 26勝36敗 131勝138敗

カープで最も読売ジャイアンツから勝利を上げているのは川口和久。

FA移籍により、1995年からはそのジャイアンツに移籍したが、ジャイアンツにとっては純粋に戦力になると同時に、巨人キラーの選手がいなくなるという意味でも価値があったのかもしれない。

ジャイアンツに移籍後は先発としては勝てなくなったが、リリーバーとして1996年のメークドラマの一員として、優勝に貢献している。

 

球界全体での巨人戦の最多勝利数投手は金田正一で65勝72敗。

65勝を上げているが、72敗を喫していて負け越している。

対巨人戦で30勝以上を上げた投手で勝ち越しているのは平松政次(51勝47敗)、星野仙一(35勝31敗)、川口和久(33勝31敗)の3投手しかいない。

いずれも巨人キラーとして名を馳せた投手だが、平松政次、星野仙一はそれぞれ大洋、中日で現役を貫いた投手。

時代があり、FA制度の有無もあるが、川口和久はカープで現役を終えてもらいたかったなと思う。

それでも、FA移籍した当時は怒りしかなかったが、今となっては過去の思い出となっている。

川口和久の対巨人戦勝利数を超える投手、今後カープから表れるのだろうか?

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です