2009年8月15日頭部打球直撃に関する黒田博樹の男気伝説

黒田博樹が登録を抹消された。

理由は、頸部の神経根症と右肩痛のためだそうだが、頸部の痛みは2009年8月15日、ロサンゼルスドジャース時代に頭部に受けた打撃の影響が未だに残っているらしい。

頭部に打球をぶつけたラスティ・ライアルにかけた黒田博樹の言葉とは?

プロ野球選手は何らかのケガや痛みを持っていて、我慢しながらシーズンを乗り切るというが、黒田博樹は7年前に受けた打球の痛みと今も戦っているとは驚いた。

その時の映像はこちら(衝撃的な映像なので閲覧注意)
⇒ Kuroda exits with an injury

右手を出しているのが黒田らしいなと感じてしまうが、打球を受けた後、直ぐに救護班が表れて、首を固定してストレッチャーで運ばれる大きなケガである。

後日、打球を当てたアリゾナダイヤモンドバックスのラスティ・ライアルが黒田博樹へ謝罪したそうだ。

「あなたにケガをさせてまで、メジャーにしがみついていたくない」とまで考え思い詰めていたが、そんなライアルに対して黒田博樹はこう返事をした。

「気にしないでください。でも後に、私が「ライアルから頭部直撃の打球をくらった」と自慢できるような大物選手になってください。」

さすがは黒田博樹、カッコイイ。

ラスティ・ライアルはその後、大物選手になったのだろうか?

所属 試合数 打数 安打 打率 本塁打 打点
2009 アリゾナ
ダイヤモンドバックス
30 59 16 .271 3 9
2010 104 207 54 .261 3 11
2011 読売ジャイアンツ 33 96 19 .198 0 4

黒田博樹に打球を当てたのは26歳でメジャーデビューのシーズン。

精神的に参ってしまったのか、それほどの成績は残せなかった。

2011年には読売ジャイアンツに所属した。

ラスティ・ライアルの父は中日ドラゴンズで活躍したマーク・ライアルであり、日本にもとても関係が深い選手である。

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です