3年連続30セーブ以上を達成した抑え投手 クローザーは何人?

投手の分業制が確立された近代野球において、クローザーの役割はとても大きい。

しかし、開幕前に思い描いたようにクローザーが働いてくれるチームは12球団の内で半分の6球団もあれば良い方だろう。

毎年決まったクローザーが活躍するチームは実は少ない。

3年連続で30セーブ以上を達成した投手は7人しかいない

クローザーは勤続疲労を諸に受けるポジションだと思う。

故に3年連続してクローザーの仕事を務め上げる投手は少ない。

3年連続で30セーブ以上を上げた選手はこれまでたったの7人しかいないのだ。

名前 チーム 連続30セーブ達成年
岩瀬仁紀 中日
ドラゴンズ
2005~2013
(9年連続)
サファテ 福岡ソフトバンク
ホークス
2014~継続中
(4年連続)
高津臣吾 ヤクルト
スワローズ
2001~2003
(3年連続)
小林雅英 千葉ロッテ
マリーンズ
2001~2003
(3年連続)
永川勝浩 広島東洋
カープ
2007~2009
(3年連続)
武田久 北海道日本ハム
ファイターズ
2011~2013
(3年連続)
松井裕樹 東北楽天
ゴールデンイーグルス
2015~継続中
(3年連続)

岩瀬は3年を大きく超えて9年連続で30セーブを上げた鉄人だ。

2005年から2007年までは3年連続で40セーブ以上を上げている。

 

佐々木主浩はメジャーリーグ、シアトルマリナーズで2000年~2002年まで3年連続30セーブ以上を上げているが、日本では達成したことがない。

藤川球児も3年連続で30セーブ以上を記録したことがないが、この2人は不調やケガというより、チームとの兼ね合いで20セーブ台に終わった年があり、3年連続に達しなったと言える。

この2人を含めたとしても、3年以上に亘ってクローザーで仕事をすることはとても過酷なことなのである。

現在、福岡ソフトバンクホークスのデニス・サファテと東北楽天ゴールデンイーグルスの松井裕樹は30セーブ以上を継続中である。

どこまで記録を継続できるか、注目である。

 

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です