佐々岡真司脱臼事件…新井貴浩がポロリとやっていじられる⁉

2000本安打を達成した新井貴浩に対して、多くのOBが喜びの声を寄せている。

祝福の声が多い中、カープOBの西山秀二のコメントが面白い。

2001年9月27日対読売ジャイアンツとの壮絶な打撃戦を〆れなかった新井貴浩

新井貴浩いじりと言えば金本知憲が有名だが、西山秀二もなかなかのものである。

こちらのコラムもとても面白い。

⇒ 西山秀二氏が語る“新井貴浩”という男「プロ入り後に誰よりも成長した」

タイトルだけ見ると、新井貴浩の成長記かと思うが、中身はなかなかのいじり記事。

その中に、2001年9月27日対読売ジャイアンツ@東京ドームのことが書いてある。

試合の最後を佐々岡真司が締めようと登板し、ドミンゴ・マルティネスのピッチャーゴロを左肩を脱臼しながら処理してファーストに送球したものの、新井貴浩が捕球できずに内野安打にしてしまった。

これだけ書いてもどんなゲームか覚えていない人も多いと思うが、スコアを見れば思い出す人も多いのではないだろうか?

⇒ 2001年9月27日対読売ジャイアンツ@東京ドーム

初回、先頭打者に入った野村謙二郎が初球を先頭打者本塁打。

勢いそのままに初回に8点を奪うビックイニングにしたものの、ジャイアンツも松井秀喜が3本の本塁打を放つなど、徐々に点差を詰められた試合。

簡単に試合を終わらせないのが新井貴浩と言ったところだろうか?

 

ちなみに、この翌日のゲームは横浜スタジアムでのベイスターズ戦

先発の長谷川昌幸が中根仁にホームランを打たれるものの、この1本だけに抑える好投をしながら、0-1で負けている。

そして、6回表に金本知憲が二ゴロ併殺を記録し、 連続打席無併殺打は1002で止まってしまった。

 

このように過去のゲームを思い出させてくれるのも2000本安打の魅力かもしれない。

 

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください