通算安打1900本以上で惜しくも名球会入りを逃した選手一覧

プロ野球選手、野手が生涯の目標としているのが2000本安打での名球会入りだろう。

残念ながらあと少し、1900本以上の安打を放ちながらもう一歩で名球会に入れなかった選手はどんな選手がいるか気になったので調べてみた。

通算安打数1900本台で現役を終えたのは計6人!

日米通算で2000本安打を達成した選手は49人(2016年4月25日現在)。

一方、惜しくも1900本台で現役生活を終えた選手は計6人いる。

安打数 名前 所属 現役年 生年月日
1978 飯田徳治 南海ホークス
国鉄スワローズ
1947-1956
1957-1963
大正13年
4月6日
1977 毒島章一 東映フライヤーズ 1954-1971 昭和11年
1月14日
1963 小玉明利 近鉄バファローズ*1
阪神タイガース
1953-1967
1968-1969
昭和10年
6月10日
1928 谷佳知 オリックス・バファローズ*2
読売ジャイアンツ
オリックス・バファローズ
1997-2006
2007-2013
2014-2015
昭和48年
2月9日
1912 井端弘和 中日ドラゴンズ
読売ジャンアンツ
1998-2013
2014-2015
昭和50年
5月12日
1904 松永浩美 阪急・オリックス*3
阪神タイガース
ダイエーホークス
1978-1992
1993
1994-1997
昭和35年
9月27日

*1:近鉄パールス(~1958年)-近鉄バファロー(1959年~1961年)-近鉄バファローズ(1962年 – 1967年)
*2:オリックスブルーウェーブ(~2004年)-オリックスバファローズ(2005年~2007年)
*3:阪急ブレーブス(~1988年) オリックス・ブレーブス(1989年 ~1990年) オリックス・ブルーウェーブ(1991年~1992年)

名球会が誕生したのは1978年。

それ以前に現役生活を終えている飯田徳治、毒島章一、小玉明利には、2000本安打はキリの良い数字とだけの認識だったかもしれない。

もっと言えば、名球会は昭和生まれ以降の選手しか入れないので、飯田徳治は例え2000本安打を達成していても、名球会には入れない。

 

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください