祝、新井貴浩通算350二塁打!カープ通算二塁打数ランキング!

カープ新井貴浩が2016年4月22日の対阪神タイガース@マツダスタジアムで、通算350二塁打を達成した。

カープ在籍だけに限れば178本目の二塁打となった。

カープ通算二塁打数ランキング!1位は鉄人衣笠祥雄!山本浩二と1本差!

二塁打と聞くと中距離ヒッターのイメージが強い。

日本記録は立浪和義の487本であり、日米通算でいけばイチローが552本の二塁打を放っている。

しかし、長距離バッターでも根本的に安打が多い打者は二塁打も多い。

松井秀喜は日米通算で494本の二塁打を放っているし、王貞治も422本の二塁打を記録している。

中距離打者が外野手の間を抜いて二塁打にしたり、長距離打者がホームランにならずに二塁打にしたりと多種多様だ。

新井貴浩はホームラン王に輝いたこともあるが、どちらかといえば中距離打者と言えるだろう。

そして、日本プロ野球で40人しか達成していない350二塁打の記録を達成した。

タイガース時代の二塁打数172を差し引くとカープでは178本目の二塁打となったが、カープの通算二塁打数ランキングが気になったので、トップ10を調べてみた。

順位 名前 二塁打数 カープ在籍 備考
1位 衣笠祥雄 373 1965-1987
2位 山本浩二 372 1969-1986
3位 前田智徳 353 1990-2013
4位 野村謙二郎 313 1989-2005
5位 高橋慶彦 269 1975-1989 通算280二塁打
6位 緒方孝市 257 1987-2009
7位 山本一義 244 1961-1975
8位 山崎隆造 218 1977-1993
9位 水谷実雄 209 1966-1982 通算230二塁打
10位 藤井弘 206 1955-1969

レジェンドの名前が並ぶ気持ちの良いランキング。

1位は衣笠祥雄だが、2位の山本浩二とは1本差。

カープが誇る2大巨頭が1位と2位である。

現カープ1軍打撃コーチの石井琢朗の通算二塁打数は、衣笠祥雄と同じ数字373である。

 

新井貴浩が背中を追ってきた金本知憲は、通算440二塁打を放っているが、カープでは199二塁打。

あと21二塁打でカープでの二塁打数に並び、残り90二塁打で通算二塁打数でも並ぶ。

この記録を抜くまでは現役引退できないだろう。

 

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください